表参道のアイスケーキ屋さん GLACIEL

ランチの後は、友人おすすめの自然派コスメのショップshiroへ連れていってもらい、とーってもいい香りのジャスミンの練り香水を三人お揃いで購入♪

その後、またしてもおすすめのアイスケーキ屋さんへ連れていってもらい、彼女は別の用事があるということで、もう一人の友人と、グラッシェルでゆっくりおしゃべりタイムを満喫しました。

好きなアイスケーキを2種類選べるセットを一皿ずつオーダーし、まず見た目のかわいさにテンション上がり、撮影に没頭していたから気がつかなかったのですが、食べ始めたところで、全て異なるケーキをオーダーしたはずなのに、1種類がカブっていることに気づき、店員さんに伝えてみたら、間違って出されたものはそのままで、元々オーダーしたケーキを追加でサーブしてくださいました!

 

二人分↓

 

左:友人、右:私。

 

 

追加分は、二人で半分こ♪

 

お店を教えてくれた友人はランチで来たことがあり、デザートにアイスケーキを追加できたそう。

ランチメニューもおいしそうだったので、次はランチで行きたいな☆

Brown Rice by Neals’yard Remedies

三連休最終日の先週月曜日は、前日日曜日に続き、上海つながりの友人達とのランチでした♪

お店はいろいろ検討した結果、今回は、私が前から行ってみたいと思っていた、表参道のシールズヤードのカフェ「ブラウンライス」にさせていただきました。

 

私と一人の友人は、ランチメニュー「一汁三菜」。

 

 

もう一人の友人は、「旬野菜のせいろ蒸し膳」。

 

食後に、ほうじ茶をオーダーしたのですが、すっきりとした味わいでほっこりしました。

ランチセットは、けっして安くはないけれど、体に嬉しい素材で作られていることが伝わってくる、優しい味わいのお料理で、自分へのご褒美ランチにピッタリ。

 

久々に会った友人達とは、いつものように近状報告と、これからの予定、未来に叶えたい夢のために今努力していることなど、たくさん語り合え、私もますます背中を押された気分になりました。

友人の三人目ちゃんにも会えたし、心にも体にも嬉しいランチタイムとなりました☆

やさい家めい @ 表参道ヒルズ

今日は午後、息子の用事があり都内某所へ。

お昼は、たまたま通りかかった「過香門」にて。

上海でも何度か行ったことのあった「過香門」に、日本で訪れる日がくるなんて!


本場四川の麻婆豆腐のランチセットにしたのですが、中国でいただく定番麻婆豆腐とほぼ同じで、大満足でした。

 

終了後、私がどうしても今日、代々木上原へ行きたくて、ダンナと息子にも付き合ってもらい、無事念願の物をゲットすることができました☆(また別途記事にします。)

 

代々木上原から自宅へ帰る途中で夕食を食べようということになり、表参道ヒルズの野菜レストランへ。

窓際の席で、気持ち良くいただくことができました。

 

父の日ということで、大人一人四千円のコースにし、珍しく私がご馳走しました。

お野菜好きな息子、大喜び(笑)

 家族三人、こうして都内で過ごせる今の生活に、心から感謝しています☆

上海つながりday☆

今日は楽しみにしていた日。

一つ目は午前中、上海で出会った友人の一人と、アトレ品川の四階にあるパンケーキ屋さん「Sarabeth’s(サラベス)」にて幸せブランチ♪

エッグベネディクトとレモンリコッタパンケーキとポテトフライをシェア、どれも絶品でした☆

アトレは品川駅から直結だし、サラベスは朝9時オープンなので、品川でブランチしたい時はここに決まり!

 

その後の予定は特に何も決めていなかったものの、私が上海で出会った友人の中で一番アクティブだと感じている彼女からの提案は、泉岳寺(駅じゃなくてお寺)へ行くこと(笑)

その周辺には数えきれないほど何度も行ったことのある私ですが、そういえばお寺そのものには行ったことがなくて、思いがけず初めて訪れることになりました。

紫陽花が綺麗に咲いているのを見て、思い返せば本帰国してから、まだ一度もこういう日本らしい趣のある場所を訪れていなかったことに気がつき、なんだかこの時期に彼女と偶然行くことになったのも、人生の節目を迎えている私にとって、意味のある出来事なのかもしれないと感じました。

その後も彼女の思いつき行動で、なんとそこから二駅先の五反田まで歩くことに(笑)

途中、三月末から四月あたまにかけて滞在していたグランドプリンス新高輪を通り抜け、高輪台の高級住宅街を通り、五反田駅へ。

歩きながら、「そういえば上海でも二人ですごい距離歩いたことあるよね」って話になり、その日の記事を探してみました。

あまりに長距離すぎて、たった一日の出来事なのに、三つの記事に分けて書いていました(笑) →その1 その2 その3

でも、今日と言い上海での一日と言い、アクティブな友人からの提案がなければ、こんなふうに目的もなく歩くことってそうそうないから、私にとってはすごく新鮮だったし、こうして仲のいい友人とおしゃべりしながら歩いていると、今の自分が住んでいる街と言えども、なんだか旅行気分を味わえて本当に楽しかったし、上海で過ごした一日を振り返るとそうであるように、そんな何気なく共有したなんでもない日常のような時間こそがいい思い出になったりするから、久々に自分も想像しなかったような数時間を過ごすことができてワクワクしちゃいました。

そして、上海で出会った友人達と、今度は東京で同じ時を重ねることができる今の環境に感謝したいし、そんな日々を大事にしたいと改めて感じました。

 

息子のお迎え時間がせまっていたので、そこからは電車に乗って移動、彼女には私の自宅で涼んでいてもらい、私は自転車に乗ってお迎えへ。

ほんの少しの時間だったけれど、息子にも会わせることができて、私には、事前に伝えてあった次の約束があったので、その目的地である自由が丘へ向かうために駅前でお別れ。

ワーママ先輩でもある彼女、そのアクティブさは健在で、もうすぐ復職する私も見習わなければと思う行動力でした(笑)

 

自由が丘で待ち合わせしていたのは、上海で出会った音楽仲間親子ちゃん。

一時帰国されていて、上海で最後に会って以来、三ヶ月ぶりに会うことができました♪

お店は決めていなかったけれど、その1時間前まで一緒にいたアクティブな彼女から、「自由が丘なら親子カフェあったよ」と教えてもらったので、そこへ行ってみました。

「SPACE JOY (スペースジョイ)」という、キッズスペースのあるダイニングカフェで、ブランチで早めのお昼ご飯だった私は小腹がすいていたので、15時頃だったけどパスタランチをオーダーしました。

平日だとサラダ&ドリンクバー付きで1250円、子供はドリンク一杯付きで300円のチャージ。

子供達をのびのび遊ばせられるのはもちろんのこと、パスタもおいしかったし、とってもいいお店を教えてもらっちゃいました♪

 

音楽仲間でもある友人とは、上海で家族ぐるみのおつきあいをさせていただいていたこともあって、子供同士も仲良しだし、私達も話し出したら止まらなく、音楽の話から子供の話まで語りに語り、あっという間に制限時間の2時間が終了。

ここが上海だったら、多分このまま場所を移動して語り続け、金曜の夜を満喫していたに違いない(笑)

まだまだ語りたいことはたくさんあったけれど、忙しいであろう一時帰国の合間に会えただけでも嬉しいし、音楽をはじめ、人生についてのポジティブな捉え方を確認することができた気がします。

 

今日会った二人だけではなく、上海で出会った友人達は、不思議なほどにアクティブ&ポジティブな人ばかり。

日本で生活していると、だんだんいい意味での日本の「普通な感覚」に染まってくるけれど、上海で生活していた頃のような冒険心や探求心や挑戦していく勇気を忘れずに、新たな生活を私らしく楽しんでいきたいと思います。

パスポート更新とハーブス♪

パスポートの有効期限が10月なので、昨日、更新手続きのため、有楽町のパスポートセンターへ行ってきました。

来月からフルタイムで復職するため、平日でないとできないことは今のうちにと思って。

我が家から一番近いパスポートセンターは有楽町だったので、終了後、いつものHARBSにて幸せランチ♪

 

ふと、こうして平日に一人でのんびりランチを楽しめる生活も、あと一週間ちょっとかぁ・・・と思い、感慨深くなりました。

思い返せば、息子を出産する前、産休に入ってから出産する日までの二ヶ月弱の間は、まさか育休中に上海へ渡り、海外でそういう時間を過ごすことになるとは思ってなかったから、出産した一年後に、人生の夏休み?的な期間が四年も訪れるとは夢にも思っていなかったなぁと。

上海にいる間は、そんなのんびりした生活が、まだまだずっと続くような気がしていたというか、楽しくて充実していた毎日だったけれど、やっぱり心のどこかで、全てにおいて安心・安全な日本へ早く帰りたいと思っていたから、その生活が終わってほしくないと願っていたわけではなくて、どちらかと言うと、むしろ早く日本へ帰って働きたいとすら思っていて、上海生活の終わりが見えていなかったというか。

五年ぶりに仕事へ戻る直前の今は、やっぱり「働ける」ということが嬉しくてありがたくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

平日に「一人でのんびりランチ」はできなくなっても、「一人でいそいそとランチ」や「誰かと一緒に仕事の合間ランチ」は楽しめるので、仕事は目いっぱい努力して効率良くこなし、五年間ご無沙汰だった別の楽しみも満喫しつつ、まずは新たなスタートに全力投球したいと思います。