東京タワー☆

明日から復職する私。

今日は芝公園周辺に用事があって、ついでに息子と二人で、東京タワー付近をお散歩してきました。

  
息子五才二ヶ月、こんなにも長い年月を母子ベッタリ過ごすことができて、本当にラッキーだったと思います。

育休二年満了の後に夫の駐在帯同のため一旦退職し、結果的に五年三ヶ月という長いお休み期間をいただきました。

それでも復職させてくださる会社とその制度、支えてくださった方々、全てに対して感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちを忘れることなく、働くことができるありがたさを噛み締めながら、日々精進していきたいと思います。

【レストランウィーク】Maison de L’hui -慧公馆-

上海生活最後の日=本帰国した日、そして上海最後の食事も、やっぱりレストランウィークランチにしました。

私が大好きでよく行っていた、「上海点心 有心」や「South Beauty」へ行くことも考えましたが、それらは次にフラッと訪れた時でも気軽に行けるし、たまたま出張で昆山に来ていた父が、上海まで来るとのことだったので、どうせなら高級店へ連れて行きたいなぁと思って探しました。

「慧公馆」は以前、外灘の店舗へ行ったことがあって、フレンチにアレンジされた中華をいただくことができて雰囲気も良かったので、巨鹿路店にもいつか行ってみたいと思っていたのです。

本当は、上海最後のランチとしては、静安シャングリラの「夏宮」へ行きたかったけれど、前日しか予約することができなかったため、こうせざるをえなかったというのもあります。

お店の外観↓

 
 

フォアグラやトリュフなどが使われた上品なお味のお料理、大満足でした。

DSCF1701DSCF1702DSCF1703DSCF1704DSCF1705DSCF1707DSCF1709

そして外灘店同様、最後の杏仁豆腐が絶品!

上海最後の食事に選んでよかった☆

 

日本へ発つフライトは夕方にしていたので、11時半に予約して食事、タクシーで一度帰宅してから荷物を持って浦東空港へと向かいました。

多分、書き残していた上海のレストラン記事はこれで最後。

在住していた四年弱の間、数えきれないほどいろんなお店を訪れた我が家(と言うより私?)。

中華以外で気に入っていたお店もたくさんありましたが、やっぱり中国に住んでいた醍醐味としては、本場中華をリーズナブルにいただけることでしょうか。

こんなに食べ歩いてきた私ですが、それでももっといろんなお店に行きたかったなぁと思ってます(笑)

日本に帰ってきてつくづく思うのは、日本でいただく中華は、日本人好みにアレンジされたものが多いということ。

「上海点心 有心」の回鍋肉や、「South Beauty」の麻婆豆腐が恋しいー!

【レストランウィーク】Pelham’s @ Waldorf Astoria & 最後の外灘散歩

まだあと少しだけ残っている上海での出来事。

本帰国する前日のお昼は、レストランウィークを利用して静安シャングリラの「夏宮」へ、夜もレストランウィークディナーで、奇跡的に予約することのできた大好きなフレンチレストラン「ペルハムズ」へ!

 

上海で一番好きだったホテル、ウォルドルフ・アストリア。

DSCF1674

このアングルで何度写真を撮ったのか、数えきれません。

これが最後になるなんて、撮っていたこの瞬間も、そして今もまだ信じられません。

(またいつか行くことはあると思うけれど。)

 

Pelham’s、この日は初めて奥のお部屋へ通されました。

DSCF1685DSCF1686

ガラス張りでキッチンが見えるお部屋より奥に入り込んでいるので、四歳の息子連れの我が家にとっては落ち着けてよかったです。

と言ってもここは中国、うちの息子が大人しくしていても、隣のテーブルがもう少し小さい子供連れの中国人で、そちらが静かとは言いがたい状況でした。。

 

今回のディナーも、最後のデザートまで美味で、五感全てで楽しませていただきました。

DSCF1676DSCF1678DSCF1679DSCF1680DSCF1681DSCF1683

 

お決まりのプチフールは、やっぱり息子の分まで♪

DSCF1684

 

食後はもちろん、上海生活最後の夜景を楽しみました。

DSCF1693

先日、台湾へスライドした友人が再び上海を訪れた時の写真を送ってくれて、彼女も言っていたけれど、空やビル群がモヤッとしてる感じが、なんとも上海らしくて好き(笑)

 

ウォルドルフの外観も、本当に素敵☆

DSCF1697

 

私が外灘に並ぶ建物の外観で一番好きだったのが、外灘六号。

DSCF1692

この中に入っている「deCanto」を訪れたのも懐かしい。

 

私が初めて上海を訪れたのは、2008年11月。

その時の記事を振り返ってみたら、かなり空の白い浦東の景色を撮った写真が残っていました。

それから三年も経たない2011年7月、まさか自分が、その頃にはまだこの世にいなかった息子と一緒に上海で生活するとは夢にも思ってませんでした。

DSCF1695

私の人生に、かけがえのないものを与えてくれた上海生活。

その四年間での出来事全てに感謝して、これから始まる東京ワーママライフも楽しんでいきたいと思います。

ありがとう、上海☆

お刺身食べ放題ランチバイキング @ たいこ茶屋

昨日の遠出で疲れ気味だった今日、特に予定もなかったので、都内でランチしようと思い、前々から気になっていたお店へ行ってみました。

浅草橋にある「たいこ茶屋」という居酒屋で、1100円で1時間、新鮮な海鮮などを好きなだけ食べられるという記事を目にしたのです。

混んでいることは予想していたものの、お店の前まで行ったら長蛇の列!

私はすぐに諦めようと思ったけれど、息子が「お刺身食べたい!」と言って聞かず、「こんなに並んでるから、長い時間待たなければ食べられないよ?並べる?」と聞いたら「うん」と言うので、炎天下の中、日傘を片手に、私は読書タイム(笑)

ダンナと息子は周囲の探検に行ったり、コンビニへ行ったりして過ごし、私は本を読むのに没頭していたから、1時間ちょっと並んだけれど、意外にもあっという間でした。

 

お店の入口にて↓

 

本マグロをはじめ、サーモン・イワシ・ブリなどのお刺身をはじめ、茹でたホタテ、明太子やシラス、シジミのお味噌汁、野菜のお浸しやサラダなどが食べ放題。

なんとなく予想はしていたのですが、やっぱりお刺身ってそんなにたくさん食べられるものではなく、私はマグロ5切れほどだけで、あとは明太子ご飯や野菜とお味噌汁を大量に食べて終了。。

ダンナは写真のような海鮮丼を二杯、息子もこれの半分ぐらいのものを二杯食べました(笑)

ちなみに、五歳以上の子供は確か500円でした。

 

お昼、しかも14時頃に大食いしてしまったので、夕方になっても大しておなかがすかず、お散歩がてら、夕食は少し先にある喜多方ラーメン屋さんまで歩いていきました。

しかも、このラーメン↑を息子と半分こ。

しばらくお刺身は食べたくないかもー(笑)

そうだ!鎌倉へ行こう。

昨日、泉岳寺へ行って紫陽花を見てから、もっと堪能したくなり、思いつきで鎌倉まで行ってきました。

都内から電車で鎌倉へ向かい、息子の夢の一つでもあった江ノ電に乗って由比ヶ浜で下車、お昼は、シラス丼とシラスピラフをいただきました。

 

食後、まず初めに鎌倉大仏様を拝みに。

中にも入ってみました。

 

所々でアジサイが綺麗に咲いていました。

私が花好きってこともあるのですが、一歳から五歳までを上海で過ごしてきた息子に、日本の四季を感じてもらいたいとも思っています。

 

次は、長谷寺へ。

なんと、アジサイ道への入場が1時間半待ちだったので、我が家は下から眺めておしまいにしました(笑)

 

その後、由比ヶ浜へ。

私は海の匂いと波の音を堪能、息子はパパと走り回って楽しんでました。

ハワイやタイのピピ島と比べたら・・・だけど、海って不思議で、見ているだけで癒されるし、心が洗われて、いろんなことがリセットされる感じ。

改めて、海に囲まれているこの国が好き。

 

帰りは江ノ電沿いを歩いてみました。

よく見ると、線路沿いのお宅は、線路側からお庭へ入ることができるようになっていて驚き。

 

誰よりも息子が大喜び!

 

鎌倉へ移動して早めの夕食、もちろんまたシラスを堪能しました。

釜揚げシラス丼、生シラス&釜揚げシラス丼、地元の牛肉を使ったハンバーグ定食をオーダーしたものの、生シラスはほとんど息子に食べられるという。。

 

鎌倉で買ってきたおいしいものたち♪

先日、まゆちゃんが持ってきてくれた和菓子に感動して、私にしては珍しく、自ら和菓子を買ってみました。

写真左上の緑の紙に包まれているのが、この↓マスカットそのものを味わえる和菓子で、これがみずみずしくて繊細で超美味!

東京近郊思いつきの旅、これだからやめられません(笑)

カテゴリー:

Denny’s @ Anaheim

四月に行ったLA旅行記、食に関する記事その2です。

ディズニーランドパークを楽しんだ日の夜は、パークを出た所にあるデニーズで夕食をいただきました。

あたりまえだけど、日本のデニーズのような夕食らしいメニューはなく、せっかくだからアメリカらしいものを食べようということで、夜なのに朝食的なメニューになってしまいました(笑)

私は、アメリカ圏へ行った時、食べるものに迷ったらオムレツをオーダーします。↑

この、キノコとホウレン草のオムレツもおいしかったです。

 

ちなみにその日のお昼は、ディズニーのダウンタウン(ディズニーランドパークとカリフォルニアディズニーアドベンチャーパークの間にあるショッピングモール)内のジャズレストラン的なお店にて。

 

私がオーダーしたこの↑シュリンプライス、大当たりでした!

ソースがなんともいえないスパイシーな味で、すすみまくり。

やっぱりアメリカ西海岸と言えば、海老なのかな?

カテゴリー:

上海つながりday☆

今日は楽しみにしていた日。

一つ目は午前中、上海で出会った友人の一人と、アトレ品川の四階にあるパンケーキ屋さん「Sarabeth’s(サラベス)」にて幸せブランチ♪

エッグベネディクトとレモンリコッタパンケーキとポテトフライをシェア、どれも絶品でした☆

アトレは品川駅から直結だし、サラベスは朝9時オープンなので、品川でブランチしたい時はここに決まり!

 

その後の予定は特に何も決めていなかったものの、私が上海で出会った友人の中で一番アクティブだと感じている彼女からの提案は、泉岳寺(駅じゃなくてお寺)へ行くこと(笑)

その周辺には数えきれないほど何度も行ったことのある私ですが、そういえばお寺そのものには行ったことがなくて、思いがけず初めて訪れることになりました。

紫陽花が綺麗に咲いているのを見て、思い返せば本帰国してから、まだ一度もこういう日本らしい趣のある場所を訪れていなかったことに気がつき、なんだかこの時期に彼女と偶然行くことになったのも、人生の節目を迎えている私にとって、意味のある出来事なのかもしれないと感じました。

その後も彼女の思いつき行動で、なんとそこから二駅先の五反田まで歩くことに(笑)

途中、三月末から四月あたまにかけて滞在していたグランドプリンス新高輪を通り抜け、高輪台の高級住宅街を通り、五反田駅へ。

歩きながら、「そういえば上海でも二人ですごい距離歩いたことあるよね」って話になり、その日の記事を探してみました。

あまりに長距離すぎて、たった一日の出来事なのに、三つの記事に分けて書いていました(笑) →その1 その2 その3

でも、今日と言い上海での一日と言い、アクティブな友人からの提案がなければ、こんなふうに目的もなく歩くことってそうそうないから、私にとってはすごく新鮮だったし、こうして仲のいい友人とおしゃべりしながら歩いていると、今の自分が住んでいる街と言えども、なんだか旅行気分を味わえて本当に楽しかったし、上海で過ごした一日を振り返るとそうであるように、そんな何気なく共有したなんでもない日常のような時間こそがいい思い出になったりするから、久々に自分も想像しなかったような数時間を過ごすことができてワクワクしちゃいました。

そして、上海で出会った友人達と、今度は東京で同じ時を重ねることができる今の環境に感謝したいし、そんな日々を大事にしたいと改めて感じました。

 

息子のお迎え時間がせまっていたので、そこからは電車に乗って移動、彼女には私の自宅で涼んでいてもらい、私は自転車に乗ってお迎えへ。

ほんの少しの時間だったけれど、息子にも会わせることができて、私には、事前に伝えてあった次の約束があったので、その目的地である自由が丘へ向かうために駅前でお別れ。

ワーママ先輩でもある彼女、そのアクティブさは健在で、もうすぐ復職する私も見習わなければと思う行動力でした(笑)

 

自由が丘で待ち合わせしていたのは、上海で出会った音楽仲間親子ちゃん。

一時帰国されていて、上海で最後に会って以来、三ヶ月ぶりに会うことができました♪

お店は決めていなかったけれど、その1時間前まで一緒にいたアクティブな彼女から、「自由が丘なら親子カフェあったよ」と教えてもらったので、そこへ行ってみました。

「SPACE JOY (スペースジョイ)」という、キッズスペースのあるダイニングカフェで、ブランチで早めのお昼ご飯だった私は小腹がすいていたので、15時頃だったけどパスタランチをオーダーしました。

平日だとサラダ&ドリンクバー付きで1250円、子供はドリンク一杯付きで300円のチャージ。

子供達をのびのび遊ばせられるのはもちろんのこと、パスタもおいしかったし、とってもいいお店を教えてもらっちゃいました♪

 

音楽仲間でもある友人とは、上海で家族ぐるみのおつきあいをさせていただいていたこともあって、子供同士も仲良しだし、私達も話し出したら止まらなく、音楽の話から子供の話まで語りに語り、あっという間に制限時間の2時間が終了。

ここが上海だったら、多分このまま場所を移動して語り続け、金曜の夜を満喫していたに違いない(笑)

まだまだ語りたいことはたくさんあったけれど、忙しいであろう一時帰国の合間に会えただけでも嬉しいし、音楽をはじめ、人生についてのポジティブな捉え方を確認することができた気がします。

 

今日会った二人だけではなく、上海で出会った友人達は、不思議なほどにアクティブ&ポジティブな人ばかり。

日本で生活していると、だんだんいい意味での日本の「普通な感覚」に染まってくるけれど、上海で生活していた頃のような冒険心や探求心や挑戦していく勇気を忘れずに、新たな生活を私らしく楽しんでいきたいと思います。

五年ぶりに現場復帰?

今日は午後からダンナのお母さんに来てもらい、息子を託して私は銀座へ。

  
ご縁があって、ある管楽器のアーティストさん達に、恐れ多くも、中国語のアドバイスをさせていただくという任務を賜りました。

五年ぶりにお会いするアーティストさんが、私のことを覚えていてくださって感激!

他にも業務でお世話になっていた方々と再会することができて、改めて私はこの仕事(今日は仕事じゃないけど)や業界が好きなのだと再確認しました。

いよいよ来週に迫った復職が、ますます楽しみになりました♪

Ruth’s Chris Steak House @ LA

LA旅行記を一通り書き終えたので、省いてきた食に関する部分を書いていきたいと思います。

アナハイムに到着した日の夜は、ホテルから徒歩圏内にあった「ルースズ・クリス・ステーキハウス」へ。

ハワイで大人気、霞が関にもお店ができて賑わっているらしいこのレストラン、だったら本場アメリカで食べる価値ありそう!というわけで、予約もせずに夕方ぷらっと行ってみたところ、10分ほど待っただけで席へ案内してもらえました。

この写真↑は食後に撮ったもの。

 

前菜としてシーザーサラダと、シュリンプをオーダー。

この海老にかかっていたソースがすごくおいしくて、別途サーブされたバゲットがすすみまくり。

 

メインはもちろん、リブアイステーキを。

二月にハワイの「Wolfgang’s Steakhouse」で食べた時と同様、高温のお皿でサーブされ、食欲をそそるジュージュー音が。

アメリカで食べる熟成されたビーフステーキって、なんでこんなに美味なの?

この旅行中、結局最初に食べたこのステーキが、一番高価でおいしい食事となりました。

日本でいただくとお値段張るようなので、次にまたアメリカ圏へ行った時に食べたいと思います(笑)

カテゴリー:

ビーナスフォート

7月1日、来週水曜日から五年ぶりに復職する私。

それまでにいろんなことを片付けておかなくちゃと、気持ちだけがやたら焦っていて、用事のない平日は今日が最後だったから、ジャケットと靴を買い足したくて、ビーナスフォートのアウトレットへ行ってきました。

  
東京に住み始めて三ヶ月、ここへ行くのは既に三回目。

最近オープンしたという、UNITED ARROWSのアウトレットショップがお気に入り。

背の高い私は、もちろん足のサイズも大きいのですが、ここのアローズは靴の種類が豊富で、私のサイズ24.5cmも在庫がたくさんあって助かっています♪
午後、息子お迎えの後は、ここ一ヶ月ほどよく行っていた図書館へ、借りていた本とCDを返しに行ってきました。

働き出したらなかなか連れていってあげられなくなると思うと残念だけど、土日の空き時間を捻出して、本好きな息子のために続けてあげたいな。
そんな中、少し前に応募した、区で開催しているスイミングスクールの抽選に当選し、九月から三月まで、毎週水曜日の18時半から水泳教室へ通えることに!

五才から習うことができて、時間帯は四種類から選べるのですが、私が働く都合上、その時間帯か更に遅い時間帯しか選択肢がなかったから、功を奏したのかもしれません。

うちの息子の場合、上海で一年習っていて、息つぎなしのクロールができるようになっていたから、上は中学生までのその時間帯でも選ぶことができました♪

なによりもこのスイミングスクール、区が開催しているからとっても安くて、半年間で二万五千円!

しかも会場のプールは、最近改装が終わったばかりの温水プールで、幼稚園と言い、水泳と言い、区の恩恵に与かっています(笑)