びすとろ UOKIN

先週末の日曜日、夕方の早い時間に息子の用事があり、終わってから、少し早いけど夕食を食べて帰ろうということになり、まだ一度も行ったことのなかった「びすとろUOKIN」へ。

いつも予約でいっぱいだったけど、この日は17時すぎぐらいに行ったからか、2時間ぐらいなら予約の方が来られる前に通してもらえると!

しかも、10月末までボトルワイン1本サービスでした!

明るいうちから飲めるって、最高に幸せ☆

さすが魚金グループのカルパッチョ、とっても新鮮。

和食の魚金で定番のカマ焼きも、こちらでは洋風の味付けで、この鯛のグリルが感動的な美味しさでした!

これは絶対また食べたい。

そして、このビスマルクピザも最高に美味しくて、ぶっちゃけ、その前の週末に行ったサルヴァトーレ・クオモよりも気に入りました。

ここまでで既におなかいっぱいだったけれど、ピザと同じタイミングで、本日のおすすめメニュー、イカ墨のパエリアもオーダーしていたため、ピザの直後に3〜4人前のパエリアパンで登場(笑)

(食べかけ失礼します。)

本当に全てのお料理が大満足で、いつも予約でいっぱいな理由がよく分かりました。

ちなみにランチは、自宅から歩いて行けるお気に入りのベトナム料理屋さんで、久々にフォーをいただきました。

このお店も大好きで、写真を見ていると、また明日にでも行きたくなります♪

昨日は、お昼前と夕方に息子の用事があり、その合間に、久々に鼎泰豊ランチへ♪

私は今回もサンラータンメンのセット。

息子は、お子様セット。

ディンタイフォンへ行くと、上海に住んでいた頃を思い出すのですが、あの頃と今、生活環境は大きく変わったけれど、基本的な考え方は変わらず、私自身はもちろんのこと、息子に巡ってくるチャンスも、全ては今この瞬間の経験・体験のためであって、お金や地位や名誉のためではない、ということを、東京に住み始めてから、ますます強く感じるようになりました。

昨日も今日も明日も、毎日そんな想いで生きていき、またいつか振り返った時に、「やっぱりあの時のあの経験は、その先に繋がるものだったね」と思える日がくると信じて、何事も一番を目指して前へ進むのみ!

魚金

一昨日の夕方、用事が終わった後は打ち上げがてら、すぐ近くにあった魚金で夕食♪

しかも、ここの店舗だけなのか、日曜・月曜は、お刺身の盛り合わせが半額で、こんなにのってて千円という衝撃!

もちろん、全て新鮮で美味。

魚好きな息子が、魚金で必ずオーダーするのは、鯛やサーモンのお頭焼き。

これ↑をほとんど一人で食べ尽くします(笑)

青海苔豆腐↓は欠かせません。

最近なんだか、自分のダメなところばかりが気になり、今日はこのブログにぶちまけてしまおうかと思って途中まで書いたけれど、それでますます気分が暗くなるよりも、楽しかった出来事を思い出してポジティブになれる方がいいと思い、やめました。

今日の反省は明日に活かし、今日よりももっと素敵な一日を送れるよう、新たな気分で明日の朝を迎えるのみ!

そう、生きているだけで幸せだから。

今週末

今日は都内で、午後イチと夕方に用事があり、今はその間の空き時間に、渋谷ストリームのDEAN & DELUCAでお茶中。

お昼は家で軽く食べてきたけど小腹がすいたから、デリボウルをオーダーしてみました。

隣で息子は、パパに「SCRATCH(スクラッチ)」の使い方を教わりながらプログラミング中(笑)

と言うのは、一昨日は息子が午前中は学校で、午後は空いていたから、学校でチラシをもらってきた東京工業大学の学園祭へ行き、

こんなものや

こんなものに触れて、

帰宅後、去年のクリスマスプレゼントだったLEGO educationWeDo2.0を久々に出し、更に最近知った、NHK教育の「Why!?プログラミング」というプログラミング番組で使っている「スクラッチ」というソフトを触らせることにしたのです。(ダンナが)

遊び感覚なので、あっという間にいろんなことを吸収していき、私の方が追いつけない感じ。。

一昨日の夜は、東工大から自宅へ帰る途中にあった、サルヴァトーレ・クオモでディナー♪

(いつもの如く、2枚目のピザは、食べるのに夢中で写真撮り忘れ。)

翌日の昨日は、一日空いていたので、リニューアルオープンした酒々井プレミアムアウトレットへ。

アウトレットの中にある「だし処はんなり」が我が家のお気に入り。

(ここでもまた、先にきた息子のお子様御膳しか撮影してない。。)

私は、素敵なバッグとの出会いがあり、早速今日から使っています♪

帰りの高速道路から撮った東京タワー☆

車でレインボーブリッジを渡り、東京タワーや東京の夜景を見ると、今ここで、夢を追いながら充実した毎日を過ごせていることに対して、感謝の気持ちが溢れてきます。

望んだ未来を思い描く

ダンナが浜松滞在だった先々週末、水曜日ぐらいになって、私と息子は何も用事が入らないと判明し、急遽、東京と浜松の間の温泉宿を予約して、そこで待ち合わせようということになりました。

結果、夜は伊東園ホテルで、金目の煮付けに鮑に松茸!

なんと伊東園ホテルグループは、首都圏の各所から静岡県内の各ホテルまで、無料シャトルバスが出ているのです!(土曜日は有料、この時は三連休の日・月曜日だったから無料)

熱海周辺のホテルをダンナと調べていて気がつき、早速バスの恩恵にあやかりました!(ダンナは浜松から鈍行列車の旅)

三連休だったから、なかなかすごい渋滞で、バスに乗っているだけとは言え疲れたけれど、電車・車・地図好きな息子はとっても楽しめた様子だったし、また別のホテルに行ってみるのもアリだと思えました。

いろいろな事情があり、ほとんどの週末は、その週の半ばぐらいにならないと、用事が入るかどうか判明しない生活を送っている我が家。

それでも毎週、「今週は、どこでどんな週末を過ごしたいか?」を考えながら平日を過ごしているし、週末の過ごし方だけでなく、叶えたい望みにチャレンジする機会を得た時は、それが叶った時を頭の中で想像して、常に最善を尽くすようにしています。

叶ったら嬉しいことのはずなのに、はじめたら「無理かも?」と思って、「もしもこれが現実になったら」と考えてしまうのではなくて、「これが現実になった場合はこうする」と仮定して、ある程度の道筋を立てておく。

そうすることによって、自分が望んでいる未来が何なのか、しっかり自覚することができるし、自分や家族が何を優先して、どう生きていきたいか、ビジョンをより明確に思い描くことができて、望んだ未来を実現していくための行動をどんどん起こしていけると実感している今日この頃。

基本的に私達人間は、今の時点で幸せで、全てを持っていて、更に幸せになっていけるように生かさせてもらっている。

だから、頭の中で思い描ける未来は、実現させることができるはず。

こうしたい!と思った望みは、叶った時のことを想像して最善を尽くして生きていれば叶うはず。

今週の平日はあと一日、明日からの三連休も、想像していた過ごし方のうちのいくつかが、現実のスケジュールとして確定してきたから、残りの空いている時間を、より理想的な未来を実現するためにどう過ごすか?を考えつつ、今日も一日お仕事がんばります!