久光百貨店と上海料理 LYNN

本日二度目のお出かけ、目的地は静安寺。

明後日から三連休のダンナは、今日と明日も出勤。

七連勤の後、ようやく三連休がやってくるという過酷なカレンダー。。

中国では(上海では?)どこの企業もそうみたいです。

せっかくの土日に仕事だけで終わってはかわいそうだし、私と息子が会社近くまで行って、周辺でディナーをして一緒に帰ってくるという提案をしました。

 

ダンナの仕事が終わるのは18時だけど、たまには息子が喜ぶ地下鉄に乗ろうと思いつき、15時半頃ベビーカーに息子を乗せて出発。

ベビーカーは電車の中ではジャマだけど、駅までの道のりと、今日行くお店は静安寺から南京西路の手前まで歩くということなので、乗せていくことにしました。

 

最寄り駅近くにある「上海東方芸術中心」。

以前オケを聴きに行ったことがあります。

 

久々に地下鉄に乗った息子、とっても嬉しそうでした。

静安寺に着いたのが16時すぎ。

まずはヤマザキパンでお気に入りのアップルパイを大量購入。

そのままスーパーをうろうろして輸入もののお菓子を購入。

数ヶ月前に行った時は、日本のお菓子は震災の影響でほとんどなかったのですが、輸入再開した後の今日は、大人のおつまみから赤ちゃんのボーロまで、たくさんの日本製お菓子が売られていました。

もちろん値段は三倍ぐらいなので、まだ在庫がたくさんある我が家は、私が大好きなイギリス製のショートブレッドにしました。

 

残り1時間は、6階のおもちゃ売り場へ。

夢中になって遊んでくれて、あっという間に18時。

外に出ると、静安寺がライトアップしていました。

 

こんな時間にベビーカーに乗せて歩くことはそうそうないから、空に浮かぶ月を見つけて不思議そうに見上げる息子。

「おつきさま」は子供用の図鑑を見て知っているのですが、本物を見たのはこれまでに数えるほどしかなくて、お店に向かう間ずーっと見上げてました。

 

ダンナが予約してくれた、上海料理 「リン」。

 

とても素敵なお店でした。

 

せっかくなので、ワインで乾杯。

 

最近、私のiPhoneで撮影すると、上の左右に枠が写ってしまいます。。

上海料理じゃないけれど、食べたかったから麻婆豆腐。

 

チャーハンやスープ、写真はないけど最後に坦々麺も頼みました。

 

おいしくて満腹、家族三人で幸せなひとときでした。

息子は帰りのタクシーで眠ってしまうと思ったけれど、なんとかもちこたえてお風呂に入り、21時半頃、パパと二人で就寝。

今日はたくさん嬉しそうな顔を見られたし、たまにはこんな日があってもいいよね!

— Marie@iPhone4