星野温泉 トンボの湯

2018年最後の食事は、星野温泉の隣にあるカジュアルダイニング「村民食堂」にて。

万平ホテルでお茶してからそれほど時間がたっていなかったので、「信州の彩り御膳」と

「たっぷりきのこの投じ蕎麦」をオーダー。

(蕎麦は写真撮り忘れ)

どれも美味しくて大満足でした☆

そして食後は、トンボの湯へ。

先週もエクシブ蓼科で温泉に入ったばかりだけど、今週も入ることができて幸せ☆

モノよりも、経験・体験にお金をかけることがモットーの我が家、もちろん旅もそこに含まれるし、温泉に入ることもその一部。

その土地ならではの源泉に浸かり、一人でボーッと物思いにふけるひと時が、私にとっては最高に贅沢で癒しの時間。

とめどなく湧き出る温泉を見ていると、時間もお金も愛も命も、この世に存在する全てのものは、永遠に循環していくものだなぁとつくづく思う。

温泉に浸かると心身共に浄化される感じがするから、今年最後の日に来られてとっても幸せ☆

来たる2019年は、どんな年になるのかな?

上海駐在が4年間だったダンナ、本帰国してから4年の節目を迎える来年は、何か変化が訪れるのでしょうか。

私も復職して4年目を迎えるけれど、初心忘るべからず、いつも感謝の気持ちを忘れずに前へと進んでいきたいと思います。

年末年始の旅

29日から、年末年始の9連休がスタート!

初日はダンナが浜松から東京へ移動、午後は銀座に用事があったので、三人で有楽町のハーブスへ♡

夜は自宅でゆっくり鍋を囲み、昨日からダンナの実家へ。

佐野のアウトレットのLEGOで、息子はばぁばにクリスマスプレゼントを買ってもらい(詳細は別記事にて)、今日は佐野ラーメンを食べてから実家を後にし、

午後から我が家の年末恒例、軽井沢に来ています。

万平ホテルにてティータイム♪

前から一度食べてみたいと思っていたアップルパイも美味しかったけれど、やっぱりブルーベリータルトの勝ち(笑)

金沢

白川郷の次は、18時からのズワイ蟹食べ放題に向けて、金沢市の「弁吉」へ。

ホテルに戻ってからは、金沢に嫁いだ地元の友達に迎えに来てもらい、数年ぶりに深夜のおしゃべりタイム♪

出会った頃から20年弱経つけれど、青春時代の濃い時間を過ごした友人とは、いつ再開しても当時のノリに戻ることができて、私の大事な居場所。

翌日の24日は、金沢観光。

お昼は、友人に教えてもらった「金沢まいもん寿司」へ。

良いお値段するだけあって、最高に美味!

次に金沢へ行く時も再訪したいお店となりました☆

最後は、日本で唯一、一般の自動車で海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路千里浜なぎさドライブウェイ」へ。

15時頃から東京へ向かいはじめ、途中、珍しく私も運転し、日本海を眺めながら1時間ほどドライブ。

21時頃自宅に到着し、翌日、息子は終業式、ダンナは朝から新幹線に乗って浜松に出勤、もちろん私も9時に出社。

大充実のクリスマス三連休でした♪

白川郷

蓼科高原から金沢へ向かった12/23、途中で世界遺産 白川郷に立ち寄り、昼食としてお蕎麦をいただきました。

12月なのに暖かい日が続く今年、白川郷も雪ではなく雨でしたが、一度訪れてみたいと思っていたので、念願叶って良かったです!

エクシブ蓼科

一ヶ月半ほど前に、金沢のズワイガニ食べ放題のお店「弁吉」へ行きたいと思い立ち、12/23の夕食として予約。

それをベースに、先週末の三連休をプランニング。

22日は長野県を通るルートにして、会社の福利厚生施設のエクシブに初めて宿泊してみました♪

お昼すぎまで都内で息子の用事があったので、蓼科高原のエクシブに着いたのは夜。

見事なイルミネーションに感動☆

洋室プラス和室コーナーもあって、とっても快適(且つルームチャージは激安!)。

朝夕ブッフェのプランにしていたから、夕食は和洋中全てが揃う食べ放題で大満足!

スイーツも美味しくて私も幸せ、ダンナはお酒飲み放題も追加して、満足そうでした(笑)

食後、ダンナと息子は室内プール&温泉へ。

私はゆっくりデザートタイムを満喫してから温泉へ。

戻ってから和室でのんびり寛いで、就寝。

翌朝も朝食ブッフェを満喫してから、またまたダンナと息子は室内プール&温泉、私も温泉に浸かり、部屋に戻ってからは、窓辺のソファに座って森林浴がてら一人時間を満喫♪

チェックアウト時間の11時までゆっくり過ごし、エクシブ蓼科を後にしました。

旅好きな我が家、これまで一度もエクシブを利用したことがなかったことを悔やんでしまうほど大満足だったので、予約するまでの手続きがちょっと面倒だけど、これからは存分に活用していきたいと思います☆