フルート・ライヴ

昨夜はフルートアンサンブルのコンサートへ。

上海在住時代から、ずっと行きたいと思っていたコンサート、復職して丸四年を迎える二日前に、伺う機会をいただきました♪

日本を代表するフルーティストの方々や、海外からのゲストの方の見事な饗宴に感動し、久々に再会することができた懐かしい方々とお話しさせていただく中で、いくつかの忘れかけていた大事なことを思い出させられました。

できないことを放置して、先へ進もうとしていないか?

聞いた(聴いた)こと・体感したことを、きちんと記憶し、それを実行し続けているか?

偉大な巨匠のおっしゃることは、楽器を吹く=音楽をする上だけではなく、人生全てにおいて通じるものと、改めて気づかされました。

私のフルート人生の中で、会社に入社したからこそのご縁は数えきれないほどあり、導いてくださる諸先輩方には感謝の気持ちでいっぱい。

築いてきてくださった人脈・信頼・伝統を、いかに強く長く繋ぎ続けていくかを考えさせられる一夜となりました。

そして私もまた、サボり気味なフルートの練習を再開していきたいな(笑)

今の私が100%の情熱をかけられるのは、フルートを演奏することではないけれど、過去のそれに匹敵するような、夢中になって努力し続けられる「何か」が見つかるといいなと思う今日この頃。

山形&仙台の旅

前の記事に書いた通り、先週末は、さくらんぼ狩りをしたくて山形&仙台へ行ってきました。

当日朝にダンナが、山形駅前のリッチモンドホテルを予約し、朝9時半頃、東京の自宅を出発。

首都高から、あえて常磐道を通って(海沿いを通ってみたかった)仙台入りし、そのまま山形市へ向かってチェックインしたのが16時半頃。

翌日のサクランボ狩りを電話予約して、ダンナが調べた、山形牛・米沢牛が食べられる焼き肉屋さん「くろげ」へ。

もう、言うまでもなく、おいしすぎました!

冷麺は透明で、蕎麦の実のような粒粒が入っている、今まで出会ったことのない麺で、息子がとっても気に入ってました。

夕食後は、山形駅前やホテルすぐ近くのスーパーで、お酒やお土産を買い、ホテルに戻ってゆっくり過ごしました。

 

翌日は9時に、予約した「今野観光果樹園」さんへ。

ビニールハウスに覆われているから雨でも大丈夫とのことでしたが、天気予報は曇にもかかわらず、見事な快晴!

10種類ものさくらんぼの木があり、もちろん佐藤錦もたくさん。

さくらんぼ狩りは山梨で2回したことがありましたが、やっぱり山形の方が甘味が強くて美味しい気がしました♪

 

急遽訪れた山形でしたが、仙台に住んでいる上海時代のお友達ご家族に連絡したら、仙台でランチをお供してくださるとのことで、お昼過ぎに仙台へ向かうことに決定!

その前にダンナの強い希望で(笑)、蔵王温泉へ行ってみることに。

浜松在住時代によく訪れていた野沢温泉を思い出させるような共同浴場、白い濁り湯で硫黄の香りが立ち昇り、とってもいいお湯でした。

外には、蔵王山を眺めながら浸かれる足湯も。

 

その後、仙台へ向かい、お友達ご家族と無事再会。

「旨味太助」というおすすめのお店で一緒に牛タンランチを楽しみました。(なんと写真撮り忘れ。)

食後は喫茶店へ移動してお茶し、思い出話から次回の再会プランまで語り尽くし、最後に仙台土産を購入して、16時頃仙台を出発し、今度は東北道で帰京。

途中、佐野SAで夕食を食べたのですが、ダンナ実家周辺に、行きつけの佐野ラーメン屋さんがある我が家にとっては、正直なところ、これは佐野ラーメンには程遠かったような・・・

今回は長距離だったので、私も途中、少しだけ運転を交代しつつ、なんとか21時頃に東京の自宅へ帰着。

思いつき一泊二日、山形・仙台の旅、大満喫となりました☆

価値観

6月下旬〜7月中旬。

いつかこの時期に、山形へさくらんぼ狩りをしに行ってみたいと思っていた私。

飛行機で行くとなると、家族三人で安く見積もっても往復10万、新幹線でも5万以上、しかも現地で車がないと自由がきかず不便。

車で行ったら断然安いけど4時間半、どうせ行くなら二泊三日がいいと思い、毎年7月の三連休で検討していたのに、結局実現できずに3年ほど経過。

そして今年はダンナの単身赴任が終了し、息子関連の用事が入らなければ、いつでも旅に出られる環境となり、今週火曜日、もしかしたら今週末に入るかもしれなかった用事が入らないと判明し、久々に二日間何もない週末と認識、昨夜ダンナがいろいろ調べ、今週末は「さくらんぼ祭り」が開催されるということもあり、今朝ホテルを予約し、今日・明日の一泊二日で決行することに!

というわけで、今、車で山形へ向かっています(笑)

そんな経緯があり、首都高から常磐道へ抜けるまでの景色を眺めていて感じたこと。

健康>自由>経験>お金>時間

自由の中の、住む場所という観点では、東京23区内の場合↓

賃貸(家賃補助あり)>新築戸建て持ち家>小規模鉄骨分譲マンション>分譲タワマン

(私個人の価値観です。)

過去に読んだ本から学んだことも思い出しました。

*****

カップが空になったとき、あなたがすべきこと。

それは、あなたの心のレンズを変えることである。

問題は、人生をとりまく状況なのではない。

本当の問題は、頭の中でネガティブな思考を繰り返すことなのだ。

チベット仏教 ダライ・ラマ

・マインドフルネス(瞑想)

・インナーネット=自身の内的なネットワーク

*****

せっかくの遠出、仕事のことは忘れ、インナーネットを見つめ直し、週末を思いっきり楽しもう!

人生、いかに楽しい時間を多く過ごすか、だと思う今日この頃。

沖縄土産

沖縄離島の旅をひと通り書き終えたので、最後に購入品たちをご紹介♪

一番左から、座間味島産の山桃酒、その隣が沖縄産のマンゴー酒、その右側の小さい瓶は、国際通りで出会った「美南島ジャム」の沖縄県産手作り無添加マンゴージャム、試食したら感動的な美味しさで、大人買いしました(笑)

ジャムの下は、昨年夏からのお気に入り「ロイズ石垣島」の「おつまみチョコ」、その右側と下の「ちんすこうショコラ」も同じく我が家の定番で、今の季節限定はストロベリーでした。

その他、久米島産のラー油やちんすこう、写真には写っていないけれど、久米仙の泡盛も3本買ってきました。

 

「おつまみチョコ」の中身はこんな感じで、こんなにいろいろ入っていて500円!

 

これ↓は、

座間味島のスーパーへバーベキューの食材を買いに行った時、わざわざ店員さんにこれが置いてある場所を聞いてまで買おうとしている方がいて、「有名なんですか?」と話しかけてみたら、激しくおすすめされたから買ってみました(笑)

他にも、マンゴー味の沖縄限定の飴や、息子お気に入りの「グミんちゅ」も大人買いしたし、先日記事にしたパッションフルーツはじめ、沖縄土産に囲まれて幸せな我が家です☆

ALL TOHO WINDS

気づけば6月半ばですが、先月半ばから今月あたままでの週末は、なかなか多忙な日々を送っていました。

その理由は、母校のOB・OGのコンサートに出演したから。

本番はもちろん、昨年夏から始まった練習も、母校のある地元名古屋へ行かなければならなかったので、正直、本番を迎えるその日まで、ステージに上がれるか不安でしたが、一生に一度の機会かもしれないし、ちょくちょく実家へ帰るきっかけにもなると思い、参加を決意したのでした。

 

沖縄離島の旅から戻った翌週はエクシブ伊豆へ弾丸旅行をして、次の金曜日は、浜松で会社のイベントがあって日帰り出張させてもらったので、業務終了後、最終新幹線に乗って浜松から名古屋へ移動し、土日は現役時代ぶり?に二日間、朝から晩まで合奏に参加。

翌週は息子の運動会だったため名古屋には行けず、運動会翌日は、木更津のアウトレットへ。

タイトルとは関係ないけれど、木更津でのランチで行った鮮魚料理店が美味でした。

 

翌週、本番前夜のホールリハに参加するため、金曜日は午後半休をして名古屋へ。

リハ前に、栄地下街の星野コーヒーで夕食を♪

 

東京(我が家の場合は品川から乗車)と名古屋、新幹線で1時間半とはいえ、実家から高校までは1時間15分ほどかかるし、時間も距離もお金も、それなりにかけての参加でしたが、それらを乗り越えて迎えた、今の私の礎を築いたとも言える高校吹奏楽部の、卒業生としての本番は、何にもかえがたい経験となり、忘れかけていた大事なことを思い出すひとときでもありました☆

そしてやっぱり、こういう心が動かされる経験を重ねる生き方をしていきたいと改めて感じました。