【2019GW沖縄離島】古座間味ビーチ

5/3()座間味島滞在:古座間味ビーチ

全体の旅程はこちら

 

座間味島滞在二日目は、今回の旅2つ目の目的「古座間味ビーチ」へ!(1つ目の目的は「はての浜」)

きっかけは、本屋さんで立ち読みした「トリップアドバイザー 旅行なんでもランキング 日本編」で目にした、美しいビーチランキングに載っていた写真。

沖縄行きのフライトチケットを予約した直後だったので、「沖縄の綺麗な海ランクインしてないかなー?」と思っていた私は、一目で「ここ行ってみたい!」と心に決めたのでした。

 

この日の午前中は天気がイマイチだったので、滞在していたコンドミニアムで洗濯したりのんびり過ごし、お昼頃ビーチへと送ってもらいました。

時間が経つにつれて晴れてきて、見事なケラマブルー☆

 

コンドミニアムのお兄さんが送ってくださる時、「シュノーケリングをするなら古座間味ビーチよりも阿真ビーチの方が遠浅で、お子様向きかも」とおっしゃっていたのですが、確かに古座間味ビーチは、海に入るとすぐに深くなり、ビーチから見て右側のエリアにサンゴが海底に向かって広がっているものの、急に深くなるその先が、お魚さんがたくさんいるエリアなので、シュノーケルに慣れているうちの息子でも、残念ながら怖がってしまいました。

水がキレイだから、深い海の底まで見えてしまって恐怖感がわいてくる感じで、私もちょっと怖くてあまり潜れず、ダンナが深い方まで潜り、お魚さん達をたくさん撮影してきてくれました。

 

ここから下は、ダンナが防水デジカメで撮った海の中の画像。(クリックして拡大可)

DSCF2895DSCF2909DSCF2914DSCF2916DSCF2944DSCF2924DSCF2958

 

ダンナが捉えた「ニモ」こと「ハマクマノミ」、本当にイソギンチャクの周りにいたとのこと!

DSCF2976DSCF2982DSCF2987DSCF2991

 

ビーチチェアとパラソルをレンタルし、夕方まで、憧れのビーチで過ごす時間を満喫。

息子は大好きな砂遊びを楽しみ、やどかりさんとも出会えました♪