Soup Stock Tokyo

今朝は会社の健康診断へ直行だったため、昨夜20時から、健診終了後の今朝10時まで何も食べられず。。

食べることが大好きな私にとっては、一年で一番辛い日でもあります(笑)

そんな14時間ぶりの食事は、オフィスへ向かう途中にあったスープストック東京の朝セットで「オマール海老のビスク」を。

平日の朝食を外で食べることってなかなかないから、なんだかとっても新鮮でした。

パッションフルーツ

GW沖縄離島の旅で買ってきたパッションフルーツ。

久米島の記事で、パッションフルーツに出会えたことを書きましたが、その後、那覇の国際通りの牧志公設市場でも出会えたので、自宅用に買ってきました。

上が久米島、下が那覇。

牧志公設市場のお店のおばちゃんは、「うちのは、贈答用を出荷してる農園から仕入れていて、実がぎっしり詰まってるのよ〜」と言っていて、帰宅して切ってみたらその通り!

ただ、甘さは久米島の方が上でした。(冷蔵庫に入れたタイミングにもよるし、追熟日数でも変わるから何とも言えないけれど。)

旅先で、その土地ならではのものを買ってきて、旅から帰ってきた後、自宅で余韻を楽しめるのも旅の醍醐味。

今週は夫婦共にボーナス支給日だったけれど、最近は外食するよりも、安心安全な食材を厳選し、自宅でのんびりお酒を飲みつつ、自分が食べたいものを作ってゆっくり過ごすことの方が好みな私。

今どうしても欲しいものとかもないし、正直なところ、お金の使い道が、旅行と息子の教育費以外に思いつかなくて、今の恵まれている環境に感謝の気持ちでいっぱい。

大事な人達がいて、好きと思える仕事があって、安心して暮らせる家があって、ゆっくり過ごせる時間もあって、やりたい・行きたいと思えることのために行動できる環境で生きていられる今、全てが満たされていると改めて気づかされます。

唯一、まだまだ努力できると感じていることのために、明日も行動できることに感謝して。

横浜中華街

先週末、ぷらっと車で横浜へ。

ダンナのリクエストで、中華街でオーダーブッフェランチをしてみたものの、やっぱり味の満足度は低くく、ますます上海で食べていたお気に入りレストランのお料理が恋しくなってしまいました。。

本帰国して四年半、そろそろ遊びに行きたいな。

2019年GW 沖縄離島の旅

6/8 はての浜古座間味ビーチの記事に、防水デジカメで撮影した海の中の画像を追加しました。

 

—–

10連休が終わってだいぶ経ってしまいましたが、旅行記を綴っていきたいと思います。

今回の七泊八日の日程をまとめてみました。

 

4/28(日) 13:40成田発 16:55那覇着のバニラエアで沖縄入り、那覇市内(泊港付近)泊

4/29(月) 朝一のフェリーで久米島へ

4/30(火) 久米島滞在:はての浜 半日ツアー 海鮮味処 亀吉

5/1(水) 久米島滞在:レンタカーで島内名所巡り

5/2(木) フェリーで久米島→那覇→座間味島

5/3(金) 座間味島滞在:古座間味ビーチ

5/4(土) お昼すぎまで阿真ビーチ、フェリーで座間味島→那覇、国際通り付近泊

5/5(日) 首里城観光、13:50那覇発 16:30成田着のバニラエアで帰京

 

この旅を決めたのは、約四ヶ月前のこの頃

結局、実家の家族と一緒に行くことはできなかったけれど、航空券を購入してすぐに、実家の家族と大人数で滞在する場合の沖縄本島のホテル(こっちは後日キャンセル)と、我が家だけになった場合の離島のホテルを予約。(航空券同様、ホテルも時間が経てば経つほど値段が高くなるため。あと離島は宿の数に限りがあるから、尚更早い者勝ち。)

那覇→座間味島のフェリーはネット予約可能だったので3月中旬頃に予約し、那覇→久米島のフェリーは、一ヶ月前から電話予約しかできなかったので、3/28の朝9時に電話して無事予約。

久米島から直接座間味島へ行けるフェリーがあればベストだったけれど、私が調べた限りではなさそうだったから、久米島→那覇&那覇→座間味島と、一日に2度フェリーに乗るという、なかなかハードなスケジュールを立ててホテルを予約済みだったので、計画通りフェリーが予約できるかどうか不安でしたが、無事目的達成!

そこまでして久米島&座間味島に行きたかった理由は、またそれぞれの島の記事で書いていこうと思います。

という感じで、今回の旅も、私がイチから調べ上げて全て手配をしたオリジナルプランです(笑)

同じように、沖縄離島の旅を検討されている方々の参考になればと思うので、可能なかぎり詳しく書いていきたいです。

 

カテゴリー:

【2019GW沖縄離島】首里城

5/5()首里城観光、13:50那覇発 16:30成田着のバニラエアで帰京

全体の旅程はこちら

 

国際通りの夜を満喫した翌日は、13時50分のフライトで帰京する日。

最後の最後まで沖縄を満喫したい我が家は、フライトまでに、滞在していた旭橋駅からゆいレールに乗って首里城公園へ向かい、観光してホテルに戻り、荷物を受け取ってから空港へ向かうという強行スケジュールを決行!

 

まずは、旭橋ホテルユクエスタでの朝食。

DSCF3079

朝食付きプランにしていたのですが、これがとっても美味でした☆

 

首里城入口の隣にある沖縄県芸の建物とハイビスカス↓

 

左下には胡蝶蘭↓さすが南国。

 

駆け足でしたが、ひと通り巡ることができました♪

高校の修学旅行で訪れたことはあったけれど、やっぱり大人になってから行くと感慨深かったし、小学三年生の息子も興味津々で見入っていたし、多少無理してでも行って良かったです。

しかも、この日は子供の日ということで、なんと息子は入場料無料でした!

 

空港到着後は、前回も最後に寄った「そば処 琉風」で、沖縄そばをいただいてから搭乗。

最後まで大満喫の沖縄離島の旅、またすぐにでも沖縄へ行きたいな☆

次の大型連休、夏休みは、また別の南国へ行く計画で、既に全て手配済み(笑)

フライトに至っては1月下旬に予約、その頃はまだダンナは浜松単身赴任中だったのに、真冬に真夏のことを想像してプランを立てたという。。

未来は想像すればするほど、思い描いた通りに叶っていくもの、と感じています。

だから何事も、自分が心から願っていることを形にしていくことが大切。

気づけばお盆休みまであと二ヶ月、今からとっても楽しみ♪

何気ない毎日も、一瞬一瞬を楽しみながら、丁寧に生きていくことも大事にしつつ。

カテゴリー: