夢叶う

もう何ヶ月も前のことになるけれど、6年ほど前から密かに夢見ていたことの一つ、「息子が大きな花束をもらう」が叶いました!

心から強く望めば、夢は叶う。

どんなルートで叶うか想像もつかないことだとしても、漠然と頭の中に思い描くことができる願いは必ず叶う。

私の人生、先へ進めば進むほど、それを確信する出来事が次々と訪れ、夢が叶っていく。

やり遂げた息子を誇りに思うし、私にまで新しい世界を体験させてくれて、心から感謝。

パティスリー ア・ラ・カンパーニュ

あっという間に3月になり、そして既にもう下旬。

書きたいことはたくさんあるけれど、特に息子に関しては公にできないことだらけなので、もどかしい。。

2020年8月に同じタイトルの記事を書いていて、「我が家は第一歩を踏み出しました!」と宣言したことが明日、ようやくゴールを迎えます。

具体的な年月を振り返ると長かったと感じるけれど、この間に全く別の世界で、予期せぬ夢のような経験をすることになったりと、盛りだくさんな日々だったこともあり、実際にはあっという間でした。

タイトルは先々週末、息子の塾のテスト後に打ち上げを兼ねて。

パスタを一皿撮り忘れてしまったけれど、全てとっても美味でした☆

いろいろ終えて、のんびりランチできる落ち着いた日々まで、あともうひと踏ん張り。

四万温泉

先週末の三連休は金・土曜で、群馬県の四万温泉を初めて訪れました。

宿泊したのは四万グランドホテルでしたが、姉妹館「四万たむら」の温泉に入れる湯巡りパスポート付きのプランだったので、夕食前と翌朝に「たむら」の源泉を堪能できて、そちらがめちゃくちゃ良かった!

四万グランドホテルの夕食は半ビュッフェ形式でした。

翌日は午後から息子が塾だったので、朝食を食べてすぐに帰京。

行きのお昼に、通りがかりのロイホでランチしたのですが、久々の外食だからか?とっても美味でした。

毎日在宅勤務をさせていただき、ありがたいかぎりではあるものの、やはり一人で平日ずーっと仕事をしていると、日に日に気持ちが沈んでくる気がしてしまい、それを癒すには温泉での気分転換が欠かせなくなりつつあります。

早く、何も気にせず普通に旅行したり、外食したり、必要な時には出社できる日々が戻ってきてほしい。

寺泊海岸つわぶき温泉 美味探究の宿 住吉屋

前の記事の続きで、佐渡島から新潟港へ戻った日は、佐渡では1・2月禁漁のため食べられなかった蟹(もちろん事前に把握済み)を求め、寺泊海岸の宿を予約していました。

雪降る中での移動中、田んぼに白鳥がいるのを発見!

奥の方に見える白いのが白鳥↓

暗くなる頃、無事宿に到着し、待望の夕食。

待望の蟹はもちろんのこと、全てのお料理が感動的な美味しさでした!

翌日の朝食

ここももちろん源泉掛け流しなので、朝から温泉に浸かり、チェックアウト後はすぐ近くの市場に立ち寄り、石川県産紅ズワイ蟹の訳あり品を四杯千円(信じられない安さ)で購入!

翌日が仕事始めだったので、蟹購入後は東京目指してひたすら走り続け(ダンナが)、17時頃には帰京、早速夕食としていただきました☆

途中、新潟から群馬に入る手前の豪雪地帯↓

トンネルを抜けると見事な晴天で驚きました。

今回もいろんな意味で、日本の自然の素晴らしさを実感する旅となり、また一つ、息子に本物を体験させることができたと感じています。

スイートピー

在宅勤務中のお昼休み、ご近所のスーパーへ行った帰り道のお花屋さんで、最近気になっていたスイートピーが一押し品となっていたので、連れて帰ってきました☆

柔らかそうなお花の質感と、特にピンクのグラデーションの美しさに、最近ずっと目にする度に惹かれていたから、家の中に飾っただけで、なんだかとっても満たされます。

日々、嬉しいこと・楽しいこと・大変なこと・落ち込むこと・腹立たしいこと…いろいろあるけれど、全てひっくるめて自分の人生を一歩引いた所から眺めてみると、今ここに生きていられるだけで十分幸せだなぁと心の底から思えます。

館山なぎさ食堂

この週末はダンナが帰ってきていたので、前回訪問時に売り切れだったアクアパッツァをリベンジしたいということで館山へ。

今回は無事、アクアパッツァにありつけました(笑)

息子の「魚介と地野菜のボンゴレビアンコ」、私の「伊勢海老のペスカトーレ」も最高に美味でした♪

那須塩原温泉 常盤ホテル

明日、ダンナが単身赴任先の浜松へ帰るので、今日・明日で栃木県の那須塩原市に一泊で来ています。

午前中、息子の用事が終わってから高速に乗って、途中渋滞に巻き込まれつつ一旦佐野で下り、だいぶ遅めのお昼ご飯として佐野ラーメンの「万里」へ。

16時過ぎにホテル到着し、早速源泉掛け流しの温泉を堪能♪

夕食は鱧鍋懐石。

息子用の一部↓

魚介類大好きな子なので、私のハモと鮎はほとんど息子のお腹の中へ(笑)

翌日追記、朝食↓

帰りは、千本松牧場と佐野アウトレットに立ち寄り、お昼は二日連続の佐野ラーメン「森田屋」にて。

GARDEN DINING @ グランドニッコー東京 台場

先週金曜日からダンナが帰ってきているので、昨日は、go to eatで貯まった一休のポイントを、コロナが少し落ち着いた今のうちに使おうと思い立ち、ホテルランチへ。

直前割ということで、平日同額となっていたからここ(ガーデンダイニング)にしたのですが、どのお料理もブッフェでいいの?と思うほどの美味しさで大満足でした!

岩手県フェアを開催していて、前沢牛はじめ、岩手産の素材や名物をお腹いっぱいいただき、至福の時を過ごしました☆

富士五湖

XIV山中湖をチェックアウトした後は、西湖野鳥の森公園へ。

観察棟の前での餌付けが認められていたから、百円で向日葵の種を購入し、息子は大好きな鳥さん達へのエサやり初体験。

信じられないことに、息子の手の平にヤマガラが止まり、ひまわりの種を加えて持っていきました!

しかも、何度も何羽も食べに来てくれて、息子が大喜びなのはもちろんのこと、ダンナと私も感激でした。

(訳あって息子の写真は載せられず残念)

お昼は精進湖近くのお店で「ほうとう」を。

ちなみに、前の日のお昼も小作でいただきました。

ついでに書いておくと、三日目の昼食も、通りかかったお店にて。

二日目も山中湖近くのホテルを予約、戻る途中での富士山。

この日のホテルの決め手は、夕食がバーベキューだったから。(あとは温泉)

翌日は、再び息子のリクエストで、西湖野鳥の森公園へ、その前に忍野八海へ立ち寄り。

写真では深さや美しさが伝えきれず、もどかしい。。

帰りは、まさかの大渋滞に巻き込まれてしまったけれど、久々に自然を満喫して、心身共にリフレッシュできた二泊三日となりました☆

山梨県中、どこを走っていてもコスモスが満開でした♪