人生の夏休み

3月28日の記事にも書きましたが、このコロナ期間は、私にとっては「人生の夏休み」。

仕事(在宅勤務)以外且つ家事の空き時間に、このブログの過去記事のカテゴリー登録をしていると書いた通り、どんどん過去へ遡っているのですが、2014年末頃までかと思いきや、なんと2013年3月まで遡ってもまだカテゴリー「未分類」記事が残っています。。

まぁ東京の緊急事態宣言は今月末頃まで解除にならなさそうだし、なったとしてもおそらく在宅勤務は続く&外出自粛は続けようと思うから、まだまだ時間はたっぷりありそうということで、このまま気長にコツコツ進めます。

過去の記事を遡っていると、上海に住んでいた頃のいろいろな出来事を思い出し、住み慣れた日本という国を離れて、異国の地「中国」で暮らしていた日々と、今の日本での自粛生活を比較してしまうのですが、今の状況は、家にいても日本製の物や食料は手に入れることができるし、一歩外へ出たからと言って、尖閣諸島問題で反日デモが起こった頃のように、身の危険に怯えるほどではないことを思えば、自分や家族を守るために自宅で過ごすことは、私にとっては全然耐えられるどころか、仕事や買い物のための移動時間がなくなり、家族で過ごす時間や自分の時間が増えたわけで、いいこと尽くめな気すらしています。(もちろん、ありがたいことに在宅勤務させてもらえているから。)

東京のスーパーでは品数が少ない赤味噌も、これまでは実家へ帰省した時に2つぐらい買って持ち帰ってきていました(車で)が、しばらく帰省できないからネット購入してみようと思いつき、箱買いしました(笑)

これが上海に住んでいた頃は、一時帰国時に1つだけスーツケースに詰めて運んでいたわけで、それに比べたら比較にならないほど便利で快適ということに、日本にずっと住んでいたら気がつかないかもしれない。

東京に住み始めた5年前から利用している食材宅配サービスを、ここ二ヶ月は週2~3回に頻度を上げているのですが、やはり大人気なようで、毎回半分ぐらいは欠品で届けてもらえないものがあるわけだけど、たとえ少なくなってでも自宅まで届けてもらえるだけで十分ありがたいと思えるから、「いつも助かります」と伝えています。

これが上海で生活していた頃を思い出してみると、自宅周辺で調達できないものは、わざわざマンションのシャトルバスや地下鉄・タクシーに乗ってまで、日系や外資のスーパー・百貨店まで買い物に行っていたわけだから、日本の安心安全な食材を自宅まで届けてもらえたり、近所のスーパーへ行けば何かしら購入できる今の環境は、買い物頻度を日常より少し下げたとしても、全く問題ないどころか、やはりありがたすぎると感じます。

人って、自分が生きてきた日常があたりまえと思っているから、その日常よりも制限のある生活を強いられると、元の日常に戻りたいと願う。

私ももちろんそうだけど、でも世界を俯瞰してみると、同じ地球上に生きている人類の中で、ここ日本の生活レベルはとても恵まれたもの。

そこに生まれただけでも奇跡的に幸せなことだと思うし、私は今の状況でも、「自分」という存在を生きることを十分楽しめると感じています。

 

もう一つ、旅行やお出かけについて。

息子に本物に触れる体験をさせたくて(もちろん自分自身も)、上海在住時代は近郊や中国国内はもちろんのこと、海外旅行にもたくさん行ったし、本帰国してからは、車で出かけられる関東周辺や東北・北陸、実家がある東海~京都周辺はじめ、長期休暇には沖縄本島や離島にも行っていた我が家。

コロナが蔓延する直前は、ふっこう割を利用して温泉旅行へ3回行ったわけですが、今思えば、好きな時に好きな所へ自由に行けることって、人生を謳歌するためには必要不可欠な要素。

行ける時に行きたい所へ行っておいて本当に良かったと思える反面、with コロナとなっていく今後(常に感染リスクと隣り合わせ)を想像すると、もしかしたらこれまでのように、気軽に海外旅行はできなくなる未来が訪れるかもしれない。

そう思うと、やりたいこと且つできることは今すぐ行動し、実現していくことが大事だし、お金はそのために使うべきものと改めて認識する今日この頃。

いくらお金を持っていても、使いたいことのために使えない未来がやってくるのだとしたら、今、何を実現させたいか・・・?

 

きっとこの数ヶ月は、歴史に残るし、歴史として語られる期間だと思うので、今の自分が考えていることを書き記したくなりました。

実家滞在中

奄美大島から帰ってきた翌日から五日間働き、先週金曜日の夜に家族三人、車で私の実家へ移動。

翌日は私の祖父の法事でした。

ダンナは日曜日の夜に新幹線で東京へ戻り、私は四日間有休(表向きは)を取得、今週金曜日は実家で在宅勤務させていただくことにしたので、息子の夏休み最終週は実家でゆっくり過ごしています。

一昨日初めて行った地元のお店の味噌煮込みうどん。

甲子園

今日の午後、母校が出場している春のセンバツ第三試合がテレビ放映されていて、勝利したところを見納めてから東京に戻ってきました。

流れる校歌を口ずさみ、青春時代のいろんな情景を思い出し、母校の後輩達の活躍が、自分のことのように嬉しく感じると同時に、吹奏楽部の特待生として入学させていただき、濃すぎる3年間を過ごしたことに感謝の気持ちが溢れました。

 

新幹線の中で、ロンダ・バーンの「ザ・マジック」を読み始め、毎朝10の感謝リストを作成し、それを28日間続けると書かれていて、早速今日から始めてみることにしました。

【今日の感謝1】

・私は、東邦高校を卒業できたことに対して、心の底から感謝しています。その理由は、吹奏楽部での活動を通して、人生を生き抜いていく上で大切なことを学んだからです。

・私は、ご先祖様に対して心から感謝しています。その理由は、今ここに生きていられるのは、命を繋いでくださったご先祖様たちのおかげだからです。

・私は、息子に対して心から感謝しています。その理由は、そこにいてくれるだけで、私に幸せを与えてくれるからです。

・私は、健康な肉体を持っていて、心から感謝しています。その理由は、この地球上で人として生きていられるからです。

・私は、自由に行動できることに対して感謝し、嬉しいです。その理由は、有休を取得して大好きな実家へ帰り、心身共にリフレッシュできたからです。

実家滞在中

26〜29日で、年に一度の五日連続有休取得推奨の年度末駆け込み取得で、四日連続有休休暇中♪

復職して四年目、息子が二年生を終える今年度、初めて有休残り日数に余裕がうまれ、ようやく取得することができました。(とは言え、年度末に全く仕事しないで済むような業務ではないため、会社携帯とPCを駆使して最低限はこなしつつ。)

25日の夕方は息子の用事があったので、26日のお昼すぎに新幹線で名古屋へ。

昨日は地元の親友宅へおじゃまし、今日は妹&姪っ子と一緒に、ジャズドリーム長島へ。

妹おすすめのカフェタナカのサクサククリームパイを初めて食べてみたら、その美味しさに感激☆

息子の洋服や、目的だったものを買うことができて、大満足な半日となりました♪

明日からは、両親・妹家族・息子&私の大人数で、一泊二日の旅に出ます。

今日が誕生日なのに、有休取得が叶わなかったダンナは、浜松で普通にお仕事中。。

いつもにも増して忙しい年度末を迎えているようです(笑)

東京の自宅でお留守番しているラナンキュラスちゃん、水やりシステムを設置してきたから、帰宅するまで元気でいてくれるかな?

会社のニュースリリースで、なかなか大きな発表がされた今日、具体的にどういう意味なのか分からず、やっぱり未来は分からないものだし、だからこそ人生っておもしろい!とつくづく感じた日となりました。

2018年5月

今月はじめに息子が8歳を迎え、前からかわいいと思っていたアイテムを購入。


本帰国してからのここ数年は、息子の希望で、私の実家にて、じぃじ・ばぁばや従兄弟達みんなにお祝いしてもらうのが定番となりつつあります。

大好きな人達と過ごすかけがえのない時間が、何よりものプレゼント☆

備忘録、最近読んで、特に良かった本たち。



本帰国してからというもの、哲学系の本を読むことが、楽しくて仕方のない私。

このインプット意欲は何だろう?

いつかアウトプットしたいと思う日がくるのだろうか?

他人に対してのアウトプットはしていなくても、自分の生き方に反映しつつあって、いろんな真理を知れば知るほど、行き着く所はただ一つ。

「過去でも未来でもなく、今この瞬間を生きる」ためには、何を思い、どう考え、どんな行動をとるか。

全てはここにあり、それが私の未来や人生を形作っていく。

起こる全ての出来事に対し、私達は守られていると信じて、嬉しいことも楽しいことも、悲しいことも辛いことも、全てそのまま感じた上で、今その瞬間を最高の時とするためにはどう過ごすか?を考え、最善を尽くして前へと進んでいくのみ。

愛もお金も何もかも、出したらなくなるものではなく、与えたら与えた分だけ、どころかそれ以上に、返ってくると期待していなくても、思わぬ形で返ってきて、自然な流れで受け取ることになるもの。

だから何も恐れることなく、感謝の気持ちをもって、ただただ与え続けていけるような生き方をしたい。

一番大事なものは何か?と自分に問い続けていれば、道を誤ることはないはず。

読書の秋

急いで図書館へ行った時、なんでもいいからとにかく借りなきゃ!と思って目についた本。

借りてからよくよく見たら、「60歳からの」となっていたけれど、読んでみたら結果的にはとても勉強になりました。

「人生二部制」、120歳まで生きるつもりで、やりたいことにとことん挑戦していきたいな。

秋じゃなくても、常に何かの本を持ち歩いている私。

まだまだ先の年代と思えるような内容でも、読んでみると先取りできるような感覚で、本当に読書から学べることは計り知れないし、一生学び続けたいと思います。

今日も現実の世界では、嬉しいこと・自分を褒めたいことも、悔しいこと・腹立たしいことも満載。

だけど、こうして読書をしたりブログを書いたりして、今日一日の自分をリセットする。

そうすることによって、自分が何のために生きていて、どんな人生を送りたくて、どんな人になりたくて、何を求めているのか、本来の私に戻ることができる。

すると、今日起こったいろいろな出来事、良いことも悪いことも全てそのまま認めることができて、「今日も一日幸せだった」と、感謝の気持ちで眠りにつける。

今日も一日、全てのことにありがとう。

明日も一日、感謝の気持ちをもって過ごしたい。

今日という日

世界中、誰にとっても今日という日は、一度過ぎたら戻ることはできない。

どんな一日を送り、どんな気分で過ごそうとも、全ての人に与えられている時間は平等。

お金を稼ぐことより、どんな時間の使い方をするか?を考え、自分自身が満足できる時を積み重ねていきたい。


今日、息子と一緒に見た夕焼け空。

スヤスヤ眠る息子の隣で、今日の自分を振り返る。

今日からお休み

今日から10連休の始まり♪

我が家は8時に自宅を出発し、早速大渋滞に巻き込まれています。。

先週土曜日は、二ヶ月ほど前から通っているお勉強会へ。

一回500〜1000円の参加費で3・4時間、こんなに素敵な場所で、普通の生活をしていたら知り得ないことをたくさん教えていただける機会。


ここに導いてくれた友人に感謝しているし、そしてまた、ここでも素敵な出会いがありました。

初めてお会いした時から、なんとなく話していて楽しいなぁと思っていた方(もちろん女子)が、60分の1の確率で、動物占いのキャラが同じということが判明!

直感的に同じ匂いを感じたと言うか、不思議だけど必然的に出会ったような感覚。

その勉強会とは別の集まりのランチにも誘ってもらえて、行動力のある彼女との出会いのおかげで、そこからますます新しい世界へと進んでいけそうで、とってもワクワクしています♪

人生、少しの勇気を出して、未知なる世界へと飛び込んでいくことの大切さと楽しさを実感する日々です☆

自分を大事に

定時より2時間の短時間勤務に変更してから四ヶ月ほどたち、時短取得での働き方や業務内容、そしてお給料の減額具合が見えてきて、自分の中で、いくつか納得できないことがあったけれど、人員不足で周囲のみんなが大変な中、ただでさえ時短勤務させてもらっているのに、これ以上わがままは言えないと思い、モヤっとしたまま状況が変わるのを待っていた私。

一ヶ月の中で終わらせなければならない責任重大な業務の山場でもあった先週、毎日限られた時間内で必死に進めている中、イレギュラーな業務が立て続けに舞い込み、全く余裕がなくなってしまい、ついに溜め込んでいた不満を吐き出してしまったけれど、その結果、私がモヤっとしていた部分は解決に向かいました。

なぜ溜め込んでいたのか振り返ると、「私が我慢すれば他の人が楽になるから」と考えていたけれど、でもイコール、それは自分自身を大事にしていないことだと気がつきました。

なぜ、自分が納得できていないことを、他人のために見て見ぬふりをするの?

自分を犠牲(今回の場合は勤務時間外の時間=お金)にしてまで、他人の幸せを心から望んでいるの?

自分で自分を幸せにしなければ、他人を幸せにすることなんてできないはず。

納得できていない自分を騙し続けるほど我慢した結果、一体誰が何の得をするの?

結局のところ、誰にも何にも幸せは訪れなくて、誰かが無理をすればするほど、会社にとっては問題視されなくなる。

今回の件は本当に小さなことだけど、事の大きさに関わらず、こういうことの積み重なりが、ニュースに取り上げられるような事態に発展していくのかな?と感じました。

短時間勤務を取得すると、なんとなく周囲に申し訳ない気がしちゃって、小さな不満は口に出さないようにしようと思ったり、何かと遠慮しがちになってしまうけど、実際にはその分お給料を引かれているわけだから、遠慮しすぎるのは良くないと思いました。

中国から帰国して二年半、中国で身につけた「言いたいことは言う」精神が、すっかり薄くなってしまった自分にも気がついたし、この一通りの想いを、同じ職場の先輩に話したら、的確なアドバイスをくださり、とっても元気が出ました。

そんな先輩方とよく行くタイ料理屋さんの、いつかのランチ。



価値観の合う女性の先輩は、見習うべきところがたくさんあり、心の支え。

会社での出来事は、私の生活の中のほんの一部のことだけど、だからこそ、「仕事だから」と諦めるのではなく、会社での自分の気持ちも大事にしたい。

自分の中でしっかり見つめ、理にかなっていてわがままではないか、自分自身で見極めた上で正しいと思うことは、我慢することなく伝えるようにする。

そうして自分のことを大事にしていかないと、心と言動がチグハグになり、精神的に病んでしまうのだろうな、と最近思います。

私は、自分のことを大事にしたいし、他人にも優しくできる自分であるためにも、正しいことは正しいと伝えて、自分も他人も大好きな状態で楽しく働きたい。

10年後の私

会社にはいろんな方がいて、その中で、「この人みたいになりたい!」と尊敬できる方もいれば、勝手ながら、「ああいう会社員人生は送りたくないな」と思ってしまう方もいる。

それは、その人の人柄・性格・価値観・能力・実力・仕事内容・仕事にかける情熱・ワークライフバランス等、いろんなことがmixされた中で感じるものだと思う。

私は、会社や、任されている仕事内容が好きだし、十分やり甲斐を感じているけれど、それでも、会社員としての自分が全てだとは思いたくない、でも、勤務中は常に高みを目指して最大限のパフォーマンスで、会社に貢献したいと思って日々働いています。

もともとそういうスタンスだったのですが、この本に出会い、ますますそう思い直しました。


この本を読み終えた頃に8/1を迎え、人事異動となった方の「10年間携わっていた仕事から離れることになりました」という言葉を聞き、私が今任されている仕事は3年目に入ったところで、この先あと7年以上任せてもらえるとしたら、何をどれだけ極められ、どんな自分になっていたいのか?」を考えさせられました。

私は、同じことの繰り返しの人生ではなく、日々成長していきたいし、自分が心から嬉しい・楽しいと思えることをするために生きていきたい。

だからこそ、会社での仕事だけでなく、いろんなことにどんどんチャレンジして、歳を重ねていきたいと、心底思いました。