新年度

あっという間に月日は流れ、今日は4月1日、新年度が始まりましたね。

ダンナが5年に一度取得できる五連休が残っていたため、年度末の最終週3/27~31に連休を取ってくれて、息子の幼稚園預かり保育は3/24が最後でした。

更に明日からは私の母が来てくれるので、4/7の入学式まで息子は春休み♪

母の、「入学式前に学童(=学校)へ行かせるのはかわいそう」という一言がきっかけで実現しました(笑)

更に、実は私、今年度から短時間勤務させていただくことを決断し、明後日4/3からは、9:00~15:45の時短勤務へとシフト。

これまでより2時間早く退社させていただき、最愛の息子と過ごす時間や、彼の習い事に充てることにしました。

制度の整った会社に勤められることと、ご理解くださるチームの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

巷では「小1の壁」とささやかれていますが、我が家が住んでいる区は学童制度が整っていて、全ての区立小学校内に学童があり、更に、親が働いていなくても希望者は全員入ることができるため、今のところ、特に壁を感じることもなく迎えられそうです。

 

ダンナと息子は今週、ダンナのお母さんと三人で関西旅行へ行っていたから、私は久々に一人暮らしライフとなり、息子に会えない寂しさはあったものの、年度末業務で多忙な中、思う存分仕事をすることができて、とてもありがたく感じました。

そんな先週土曜日は、私も一緒に車に乗ってダンナ実家の栃木へ行き、アウトレットショッピングと栃木和牛の焼肉を堪能♪

ここのお肉が好きすぎて、最近は他の焼き肉屋さんへ行っても満足できないほどに(笑)

その後、私だけ電車で東京に戻り、一人暮らしの一週間を過ごしました。

 

さて、プライベートでは、このブログの更新をする暇もないほど、新たな挑戦や勉強に夢中になっている今日この頃。

いろんな経験を通して学んでいくことや、その過程を乗り越えていくことが楽しくて、人間いくつになっても勉強し続けていくことによって、人としての深みや人生の充実感が増していくのかな?と感じています。

大好きな家族がいて、働き甲斐のある仕事があって、やってみたいことにチャレンジできる今の生活にとても満足しているけれど、この先の人生も、どんどんいろんな経験を積んでいきたいと常々思っています☆

パルシステムの有機野菜セット

昨日は幼稚園の運動会、今日はもともとあった予定がなくなったため、特に何もない一日。

昨日の疲れなのか出かける気にはなれなかったので、午前中は作り置き料理に専念。

その間、ダンナと息子は、お隣の区営温水プールへ泳ぎに。

実は、我が家が住んでいるマンションのすぐ隣は区立中学校で、その中に区民が利用できる温水プールがあり、ダンナと息子は空き時間に行っています。

上海に住んでいた時は、マンション内にプールがあり、四歳になった頃からそこのスイミングスクールに通っていた息子。

東京でもスイミングを続けたくて(もちろん本人の意思)、区主催のスクールに毎週水曜日の夜に通っているのですが、それは幼稚園と自宅の間にある、また別の区営温水プール。

息子が通う予定の区立小学校にも、綺麗な屋内プールがあり、東京でも快適なプールライフ?を送っています(笑)

 

話がそれましたが、私は毎週月曜日にパルシステムの宅配を利用していて、毎回必ず野菜セットを購入します。

有機野菜セットと有機でないセットを交互で買っていて、平日は葉物野菜を中心に使い、調理に手間のかかる野菜(ごぼう・里芋・さつまいもなど泥がついてる系)は週末にまとめて料理して、平日用の作り置きとしています。

今日は、

ごぼうと牛肉の炒め物

里芋と豆腐のお味噌汁

さつまいもサラダ

冬瓜とツナの煮物

を作り、そのまま昼食としていただきました。

家にあったものだけで作ったから、彩りはよくないけれど。。

フルタイムワーキングマザーの私、作り置きおかずがあると、やっぱり安心。

週末に気分がのらなければ作らないし、用事や外出で多忙な日曜日だと諦めますが、基本平日は自分と息子の分だけなので(夫は浜松単身赴任中)、作り置きがなくてもパパッと作り、基本的にはお惣菜も買いません。

息子の習い事がある水曜or金曜なら、週に一度だけ、お寿司を買ってくるor外食でもOKとマイルールを決めてます(笑)

 

パルシステムは、一回につき五千円以上で宅配料無料なので、野菜セット以外にも、スーパーではなかなか買えない平飼い卵(6個入りで321円)、パンやお肉や冷凍食品などを購入しています。

世界の工場である中国から本帰国して以来、日本で「モノ」を買うことに価値を感じなくなった私、最近、自分達の健康につながる食物にこそ、お金をかける意義があるのでは?と思うようになりました。

特に上海で出会った友人達はそういう意識が高く、常にいい影響を与えてもらっていると感じています。

復職して一年☆

産休・育休・上海駐在帯同一時退職を経て、元の会社に復職させていただいてから、今日でちょうど一年たちました。

一年前の今日が懐かしい。

一年フルタイムワーキングマザーとして働いた感想は、復職するまでは不安でいっぱいだったし、責任ある業務を任せていただけたこともあって、初めの半年ほどは、大変という言葉では言い表せないほど大変だったけれど、過ぎてみるとあっという間だったし、やり甲斐のある業務と恵まれた環境のおかげで、仕事もプライベートも本当に充実しています。

 

先週日曜日、グッドモーニングカフェ@品川シーズンテラス、友人主催の朝活にて。

一年前、用事でよく大門へ行き、東京タワーを目にすることが多かったのですが、この場所からも、朝日に照らされるタワーを眺めることができました。

一年前の私は、今の私の生活を想像することができていただろうか?

振り返ると、一年前にはまだ始まっていなかったことや経験していなかったことがいくつかあり、やっぱり未来は分からないものだと思うし、だからこそ人生っておもしろい。

今ある生活に感謝することを忘れずに、新しいことへの挑戦を恐れず、毎日少しずつでもいいから前へと進んでいきたい。

 

そういえば今朝、息子がこんなことを言っていました。

「琵琶湖は日本で一番大きな湖だけど、世界で見たら、もっと大きな湖がいっぱいあるよ。」

それを聞いて、おそらく、私を今の部署に復職させてくれたと思われる上司がおっしゃっていた言葉を思い出しました。

「東京と浜松なんて、日本と海外に比べたら近いもの。新幹線に乗って1・2時間で移動できる距離は、すぐそこだよね。」

どっちの言葉も共通しているのは、ある瞬間の自分の目に見えているのは、広い世界のうちの、ほんのわずかな一部だということ。

もっと広い目で見たら、自分にとっての日常生活で起きていることなんて、本当にちっぽけな出来事。

私自身、そう思えるようになったのは、やっぱり海外に住み、日本という小さな国から離れて生活した経験の影響が大きいから、今のところ人生の半分以上を海外で生きてきた息子にとっては、その感覚が身についているのだなぁと改めて実感しました。

それって、生きていく上でとっても大切なことだと思う。

それを、この節目の日の朝に、ポツリと呟いた息子。

その大きな世界を、もっともっと見せてあげたいと、改めて心に誓いました☆

平日ランチあれこれ

ワーママライフが始まって一ヶ月が終了。

以前書いた通り息子は、区立幼稚園の預かり保育でお世話になっていて、本格的に朝から夕方まで預かってもらえるのは八月からで、幼稚園が夏休みに入った7/21から慣らし保育としてスタート。

七月は、私の母・妹(と六ヶ月の姪っ子ちゃん)・夫の母に交代で滞在してもらい、幼稚園の送り迎えをお願いしていました。

来週からは、8時から最大で18時半まで預かってもらえるので、夫と私の二人で送迎する本格的なワーママライフが始まります。

 

幼稚園の夏休み期間は、預かり保育で毎日、手作りの給食とおやつを提供してくださるので、息子のためのお弁当作りはしなくていいものの、七月は母や妹のおかげで夕食の残りなどがあり、私はできるだけお弁当を持っていっていました。

会社の周りは、徒歩圏内でランチできるお店が何軒もあるし、同じ職場の方々はほぼ毎日それらのお店へ行っているので、持参したお弁当や会社で注文したお弁当がない日は私も便乗しています。

でもやっぱり毎日外食は、こんな私でもちょっと飽きるし、体的にもコスト的にも、お弁当持参が一番だと思うから、これからも、息子のお弁当有無にかかわらず、できるだけ持参して、職場女子たちとのお弁当ランチを楽しむことを基本としたいと思っています。

 

というわけで、一ヶ月の中で、外でランチした日は以外と少なく、七月に食べたのは、ざっとこんな感じ。

だいたい週イチペースかな?

 

ハンバーグプレート。

 

 

タコスライス。

 

カレーブッフェ。

 

やっぱりこれが一番絶品だった、ちょっとリッチなイタリアン。

     

この日は、他の部署にいらっしゃる、昔から仲良しな先輩が連れていってくださいました。

パンからパスタまでどれも美味で、先輩とたくさんおしゃべりして大満喫♪

 

おまけ、入社式で浜松へ行った日、帰りの新幹線で食べた駅弁。

三ヶ日牛やシラスなど、静岡のおいしいものが詰まってました。

お刺身食べ放題ランチバイキング @ たいこ茶屋

昨日の遠出で疲れ気味だった今日、特に予定もなかったので、都内でランチしようと思い、前々から気になっていたお店へ行ってみました。

浅草橋にある「たいこ茶屋」という居酒屋で、1100円で1時間、新鮮な海鮮などを好きなだけ食べられるという記事を目にしたのです。

混んでいることは予想していたものの、お店の前まで行ったら長蛇の列!

私はすぐに諦めようと思ったけれど、息子が「お刺身食べたい!」と言って聞かず、「こんなに並んでるから、長い時間待たなければ食べられないよ?並べる?」と聞いたら「うん」と言うので、炎天下の中、日傘を片手に、私は読書タイム(笑)

ダンナと息子は周囲の探検に行ったり、コンビニへ行ったりして過ごし、私は本を読むのに没頭していたから、1時間ちょっと並んだけれど、意外にもあっという間でした。

 

お店の入口にて↓

 

本マグロをはじめ、サーモン・イワシ・ブリなどのお刺身をはじめ、茹でたホタテ、明太子やシラス、シジミのお味噌汁、野菜のお浸しやサラダなどが食べ放題。

なんとなく予想はしていたのですが、やっぱりお刺身ってそんなにたくさん食べられるものではなく、私はマグロ5切れほどだけで、あとは明太子ご飯や野菜とお味噌汁を大量に食べて終了。。

ダンナは写真のような海鮮丼を二杯、息子もこれの半分ぐらいのものを二杯食べました(笑)

ちなみに、五歳以上の子供は確か500円でした。

 

お昼、しかも14時頃に大食いしてしまったので、夕方になっても大しておなかがすかず、お散歩がてら、夕食は少し先にある喜多方ラーメン屋さんまで歩いていきました。

しかも、このラーメン↑を息子と半分こ。

しばらくお刺身は食べたくないかもー(笑)

ビーナスフォート

7月1日、来週水曜日から五年ぶりに復職する私。

それまでにいろんなことを片付けておかなくちゃと、気持ちだけがやたら焦っていて、用事のない平日は今日が最後だったから、ジャケットと靴を買い足したくて、ビーナスフォートのアウトレットへ行ってきました。

  
東京に住み始めて三ヶ月、ここへ行くのは既に三回目。

最近オープンしたという、UNITED ARROWSのアウトレットショップがお気に入り。

背の高い私は、もちろん足のサイズも大きいのですが、ここのアローズは靴の種類が豊富で、私のサイズ24.5cmも在庫がたくさんあって助かっています♪
午後、息子お迎えの後は、ここ一ヶ月ほどよく行っていた図書館へ、借りていた本とCDを返しに行ってきました。

働き出したらなかなか連れていってあげられなくなると思うと残念だけど、土日の空き時間を捻出して、本好きな息子のために続けてあげたいな。
そんな中、少し前に応募した、区で開催しているスイミングスクールの抽選に当選し、九月から三月まで、毎週水曜日の18時半から水泳教室へ通えることに!

五才から習うことができて、時間帯は四種類から選べるのですが、私が働く都合上、その時間帯か更に遅い時間帯しか選択肢がなかったから、功を奏したのかもしれません。

うちの息子の場合、上海で一年習っていて、息つぎなしのクロールができるようになっていたから、上は中学生までのその時間帯でも選ぶことができました♪

なによりもこのスイミングスクール、区が開催しているからとっても安くて、半年間で二万五千円!

しかも会場のプールは、最近改装が終わったばかりの温水プールで、幼稚園と言い、水泳と言い、区の恩恵に与かっています(笑)

ホワイトアスパラガスのリゾット

珍しく料理ネタです。

今日は、幼稚園へ息子を迎えに行った後、そのまま同じクラスのお友達のお宅へ遊びに行かせていただくことに。

もともと木曜日に約束していたものの、その日に限って私に仕事関連の用事が入ってしまい、そのことを伝えたら、「じゃあ今日これからは?」とおっしゃってくださり、親子でおじゃまさせていただきました。

幼稚園のママさん達は、気さくな方ばかりでつきあいやすく、中でもその方は、子供同士が仲良くなったのがきっかけで話すようになり、なんだか親同士もテンションが似ている気がして、私ももっといろいろお話ししたいと思っていたから、誘ってくださったことがとっても嬉しくて。

予想通り、話してみると好きなことが似ていたりして、親子共々楽しい時間を過ごしてきました。

 

夕方帰宅して、夕食作り。

午前中スーパーで発見した北海道産のホワイトアスパラを茹でようと思った時、ふと、ブログなどで見かけるレモンバターソース?で食べたいなぁと思いつき、クックパッドで検索したら、そのソースを作る過程でできる茹で汁を利用してリゾットを作れると書いてあり、作ってみました。

ちょっと汁気がなくなってしまったけれど、息子にも大好評でした。

急遽作ったから、鶏肉じゃなくてウインナーだし、マッシュルームじゃなくてシイタケだけど(笑)

 

これは関係ないけれど、ブログを書いている今のお供。

一昨日の父の日に、私から実家の父へ送ったお気に入りのお菓子。

楽天の「胡蝶庵」というお店の「とろける生大福」、息子妊娠中にハマり、上海へ行くまでの一年間によくお取り寄せしていたのを思い出し、今回久々に自分の分(名目としてはダンナへの父の日プレゼント)も取り寄せました。

約四年ぶりに食べたけど、そのおいしさは健在♪

上の写真のお皿の上のは黒豆、袋に入っているのは抹茶、あと私が好きなのは、苺やモカです。

皆様もどうぞ、お試しあれ。

我が家へお招き♪

先日書いた通り、今週月曜日に、つるちゃん&まゆちゃんと再会!

うちの息子の帰りが早くてお迎えへ行かなければならないことと、私が住んでいるエリアが二人にとっても集まりやすい場所ということもあって、初めての東京集合は、我が家へお越しいただきました。

行ってみたかった近所のカフェへ行ってみたら、なんと臨時休業。。

どこへ行こうかと思ったけれど、あまりに近くてその存在を忘れていた、私が住んでいるマンションの二階にある和食屋さんに二人が気づいてくれて、そこでランチしました。

お昼に行ったのは初めてでしたが、リーズナブルなのにボリューム満点、和食だから子供にも取り分けしやすいし、ここにして正解でした。

 

最後に会ったのは、ちょうど三ヶ月前に上海で。

このメンバーでお店の個室にいると、ここが日本だという感じがしなくて、まるで古北辺りの日本料理屋さんにいるかのよう。

食後は我が家へ移動して、ティータイム。

二人から素敵なおもたせをいただいたのですが、なんと私、片方しか写真を撮っていなかったので、既にアップしてくれている二人のブログへリンクします。(最近そればかり。。)

まゆちゃん

つるちゃん

近状報告や上海での思い出話はもちろんのこと、私は最近の出来事で、話そうか迷っていたことをついつい話してしまったのですが、二人だからこそ分かってくれるであろう内容だったこともあって、聞いてもらえてとってもスッキリしました。

やっぱり離れていても、慣れない海外生活で苦楽を共にした絆は深い!(笑)

こうして日本で再会することができて、これから先も定期的に会えることを確信しました☆

二人の二人目くん/ちゃんにも会えて、たった三ヶ月でも成長した姿を見ることもできたし、なんだか気分は、孫に会えた時のおばあちゃん(笑)

また次に会えるのを楽しみにしてるね!

人生の不思議

前々から書いている通り、本帰国後、私の復職について随分いろんなことがあり、正直この三ヶ月、自分の人生を振り返っても、一番のどん底を味わったと言えるほどの心境でした。

あ、でも大変さで比べたら、息子を出産してからの一年の方が上かな?(笑)

詳しいことはもう少し先、新しい生活が始まってから書こうと思っていますが、ここに行きつくまでに感じたことを記したいと思います。

 

自分の未来が見えなくなりそうだった時、考えを改め、じゃあ自分はこの人生で、何を成し遂げたいのか?人生をかけてやってみたいことや、自分が一番やりたいことは何なのか、自分自身と真剣に向き合い、考えてみました。

そこで二つの答えが見えてきて、一番大きな目標と、それを実現するために学ばなければならないことや、今の私を取り巻く環境を考慮して、その中でできる自分のやりたいことや経験しておきたいことを見つけることができて、早速それに向かって行動し始めていました。

それより少し前に、復職や仕事関係とは全く異なる次元で、ものすごく嫌な出来事が立て続けに起こったのですが、それに対しては干渉せず、なかったこととして忘れようと自分で自分に言い聞かせていたら、その数日後に、この半年、いや、もっと前から待ち続けていた、ものすごく嬉しい連絡をいただくことができました。

それらの出来事は一見関係なさそうに見えるけど、実は神様が私に与えていた試練のようなものだったのでは?なんて思います。

過去を振り返ってばかりでなく、真っ直ぐ前を見て、未来へと進む決意があるのか、試されていたような気がするのです。

 

辛く悲しい気持ちで過ごしている時は、なぜか更なる不幸が舞い込むもので、明るく楽しい気分で前向きに過ごしていると、嬉しくなるような知らせが届いたり、大好きな友人から連絡が入ったりします。

今日も久々に、上海時代にお世話になり、今も上海に住んでいる友人から何気ないメールがきたのですが、そのやりとりをしているうちに嬉しい言葉をいただき、一段と元気を与えてもらえました。

それから、最近ご縁があってお会いした方へ、今の自分の気持ちを正直に書いてメールをお送りしたら、先ほど返信をいただき、その内容に感動し、思わず涙してしまいました。

想いを込めて書いた文章は、必ず相手の心へと届くのですね。

 

これから先、大変なことや辛いと感じることももちろんあると思うけど、いつも心は前向きに、この瞬間から先の未来は、自分で自由に思い描いていけるよう心がけていきたいです。

私には私を分かってくれる人達がいて、やりたいと思えることができる。

これだけで十分幸せだし、今ある幸せを大切にしていきたい。

こんな気持ちになれるのは、自分がこれまでに出会ってきた全ての人のおかげ。

 

 

@ LA Route 66

お祭り&ファミリーディナー☆

先週土曜日の夕方、ご近所に住んでいる仲良しご家族と一緒に、お祭りへ。

最近、ついにお友達のご主人が本帰国となり、初めて家族全員揃って日本でお会いすることができました!

お祭り会場へ行ったら雨が降り出してきてしまったため、少し早いけど予定していたレストランへ移動して、乾杯☆

 

初めのうちは料理の写真を撮っていたけれど、お酒がすすむにつれて忘れていきました(笑)

 

ご主人より先に本帰国して、一人で二人の子育てをしながらワーキングマザーとして働く彼女の話は、「私もがんばらなくちゃ」と奮い立たされるばかり。

外に子供が走り回れる場所のあるお店だったから、パパ同士も子供達を遊ばせながら交流していたし、私達はそんな安心感と開放感から、いつもにも増してゆっくりいろんな話をすることができて、とっても幸せな時間でした。

まだ外が明るい時間から家族と一緒に食事を楽しみつつ、心を開ける友人と語り合う、週末の夕方。

大切な人達に囲まれ、未来に不安がなくて、何不自由なく暮らせることのありがたさを、これから先もずっと忘れないで生きていきたいと思います☆