辞書引き学習で情報リテラシーを高める【深谷圭助教授をお招きしての特別ワークショップ】

上海で出会った友人Ericaちゃんからお誘いいただき、息子と二人で辞書引き学習のワークショップに参加してきました。

もともと幼い頃から百科事典を見たり読んだりするのが好きだった息子、一番最初に手渡した「辞書」は、五味太郎さんの「すてきなひらがな」でした。

この記事に書いている通り、三歳半前には平仮名をマスターしていたのですが、この頃から息子は、私が必死になって読んで聞かせたり教えたりしなくても、自分で見て、声に出して読むことを、自らしていたように思います。

そして、放っておいても(笑)文字はもちろんのこと、いろんな言葉を覚えていく。

当時は上海に住んでいて、日常的に中国語を聞いたり、四歳になる一ヶ月前から通い出した、モンテッソーリ教育の幼稚園の英語クラスで、毎日ネイティブ先生の英語を聞いていたから、耳からも英語を学んでいたし、駐在前に受けた会社の帯同者向けの研修で、12歳ぐらいまでは「母語」を大切にするようにアドバイスをいただいていたけれど、四歳の一年間は、英語のシャワーを浴びさせる決断をして本当に良かったと思っています。

帰国してから三年半経ちましたが、週一回のネイティブ先生によるレッスンを続け、七歳八ヶ月で英検五級に合格するレベルをキープしています。

ちょっと脱線してしまいましたが、そんな息子にとって、言葉を学ぶことは、おそらく遊びと同じようなことと捉えていて、小二になった今も、帰宅後、学校の宿題が終わってからも、自ら辞書を読んで(「調べる」ではなく)いたりするほどの辞書好き。

例えば今朝も、「犬の鳴き声は英語でどんな発音をする?」と聞いたら、「バウワウ!」と発音し、「ママ、ちょっと見て。」と言って、お気に入りのミッキーの和英辞典の一番最後のページを開き、「ほら、ここに載ってるよ!」と「ワンワン」が載っているところを指差すという、国語辞典だけでなく和英辞典までも、どんな単語が載っているか覚えているほどの読み込みっぷり(笑)

「辞書引き学習」のことは全く知らなかったけれど、小学校入学と同時に、息子にドラえもんの国語辞典を手渡していました。(↓今日もこれを持参)

中国に住んでいたからか、三歳半の頃には興味があったと思われる漢字も、去年、小学校入学と同時にたまたま「う○こ漢字ドリル」が流行り、本人がやりたいと言うので、去年の夏休みに、ダンナのお母さんが小一から小六まで全巻買ってくれて、今は四年生に突入しています。

それがあるから漢字辞典は与えていないのですが、息子の漢字への興味は尽きることがなく、小学校で習う範囲を超えた質問をしてくることも多いので、探しに探した結果、写真左側の、ディズニーの「中学校で習う全漢字の書き方」を与えました。

という環境の息子なのですが、私が今日、深谷先生から学んだことは以下でした。

小学校の国語の学習指導要領では、学ばせるべき漢字の数は決まっているが、形容動詞などの数に規定はなく、例えば、国土については五年生の社会科で地名などを習い、歴史上の人物名は六年生で習うため、語彙力が高ければ高いほど、国語だけでなく他の科目の理解力の向上につながるとのこと。(あくまで私なりの解釈です。)

それは、日常的に自ら言葉を学んでいく息子の様子を見ていて、私自身もなんとなく実感していたことでもあったため、ものすごく腑に落ちました。

私自身が、幼い頃から本を読むことが好きで、そこから「書くことが好き」につながり、仕事でも商品のコピーを書いたりしてきたし、何よりもこうしてブログを書くこともやっぱり好きで、好きだからこそずっと続けられることでもあり、そんな私の家には、当たり前のように本がたくさんあるし、息子のスイミングスクールの待ち時間に、同じ建物内にある図書館で、毎週、息子のための本と私が読みたい本を借りてくる生活をしているのも、今の息子の本好き&辞書好き&言葉好きにつながっているのかな?と改めて思いました。

 

そして、どんどん進化し続けるEricaちゃんを見て、私も自分のやりたいことを形にしていきたい衝動を抑えられなくなってきちゃいました。

会社員という立場だから、今の私にできることは限られているけれど、一度きりの人生、「他人の時間」ではなく、「自分の時間」を生きることが、私らしい生き方。

上海で音楽活動をしていた時のモチベーションを思い出しつつ、今の私が考えていることを少しずつ形にしていこうと、セミナー後、上海つながりの友人親子ちゃん二組とお茶をして、改めて決意しました。

私の背中を押してくれるのは、いつも上海つながりの友人達☆

成功体験

今日は水曜日、以前書いた通り、かれこれもう三年ちょっともの間、息子のスイミングレッスンの日。

今通っているのは、本帰国してからずっと習っているスクールで、息子は毎週とっても楽しみにしています。

小学生になってからは、半年ほど前にダンナのお母さんが買ってくれた20インチの自転車に乗れるようになったので、プールへの往復は、ちょっとしたサイクリングタイム。

今日も夕方、二人で自転車をこぎながら話していたら、「今日学校で水泳のテストがあって、○○くん(自分のこと)息継ぎありクロールで最後まで泳いで一番だったよ!」と驚きの発言!!

よくよく聞き出してみたら、学校の25mプールを好きな泳ぎで泳げるところまで泳ぐというテストがあり、一年生60人のうち、25m足をつかずに泳ぎきることができたのは、息子ともう一人の子、たった二人だったとのこと。

学校独自の水泳検定みたいなものがあり、一年生が取れる級で一番いい級を取ったと大喜び。

帰宅後、帽子に貼るその級のマークを見せてくれました。

スイミングスクールに到着後、もうすぐお世話になって2年になるコーチにその出来事を話し、とっても嬉しそう。

時短勤務になった今年度からは、私も毎回息子の泳ぎを見ているので、最近はしっかりとクロールで泳げるようになっていて、親バカながらも毎回褒めていたのでした。

夜、お風呂で詳しい話を聞いたところ、音楽の授業でリズムゲーム?をやって、その時に先生が、「他の子がやっていて、いいなと思うことは、どんどん真似していいんだよ」って言ってて、水泳のテストの時に、もう一人25m泳ぎきった子が自分より前に泳いでかっこよかったのを見て、音楽の先生が言ってたように、あの子みたいにがんばって泳ごうと思って、最後までがんばって泳いだとのこと。

その話を聞いて、「ああ、この子は私がいないところでも、自分の意思でがんばると決めて、目的を達成することができるほどまでに成長したのね」と、感慨深くなりました。

息子に、「自分ががんばりたいと思ってがんばって練習すれば、いつか一番になれるんだね」と言ったら、目を輝かせながら、「うん、そうだね!」と頷いていました。

 

息子が幼い頃から好きと気がついていたことの一つ、水泳。

それに気づき、習い始め、環境が変わっても続け、息子の「好き」というモチベーションを保ったまま今日に至ったことが、私にとっても成功体験だし、そういう可能性があるものは、他のことも伸ばしていってあげたいと改めて思いました。

 

息子が最初の一年通っていた、上海のマンション内にあったプール。

3歳の息子が、足が全くつかない深さのこのプールで、中国人のコーチに教わっているのを見ていたあの頃が懐かしい。

きっかけを与えてくださった王コーチ、ありがとうございます☆

ビーナスフォート

7月1日、来週水曜日から五年ぶりに復職する私。

それまでにいろんなことを片付けておかなくちゃと、気持ちだけがやたら焦っていて、用事のない平日は今日が最後だったから、ジャケットと靴を買い足したくて、ビーナスフォートのアウトレットへ行ってきました。

  
東京に住み始めて三ヶ月、ここへ行くのは既に三回目。

最近オープンしたという、UNITED ARROWSのアウトレットショップがお気に入り。

背の高い私は、もちろん足のサイズも大きいのですが、ここのアローズは靴の種類が豊富で、私のサイズ24.5cmも在庫がたくさんあって助かっています♪
午後、息子お迎えの後は、ここ一ヶ月ほどよく行っていた図書館へ、借りていた本とCDを返しに行ってきました。

働き出したらなかなか連れていってあげられなくなると思うと残念だけど、土日の空き時間を捻出して、本好きな息子のために続けてあげたいな。
そんな中、少し前に応募した、区で開催しているスイミングスクールの抽選に当選し、九月から三月まで、毎週水曜日の18時半から水泳教室へ通えることに!

五才から習うことができて、時間帯は四種類から選べるのですが、私が働く都合上、その時間帯か更に遅い時間帯しか選択肢がなかったから、功を奏したのかもしれません。

うちの息子の場合、上海で一年習っていて、息つぎなしのクロールができるようになっていたから、上は中学生までのその時間帯でも選ぶことができました♪

なによりもこのスイミングスクール、区が開催しているからとっても安くて、半年間で二万五千円!

しかも会場のプールは、最近改装が終わったばかりの温水プールで、幼稚園と言い、水泳と言い、区の恩恵に与かっています(笑)

新居&幼稚園選び @ 東京

今の家に住み始めて三ヶ月目になりますが、本帰国することが判明してからの家探し・幼稚園探しについて書きたいと思います。

実家が愛知県で、大学も名古屋、就職した会社が静岡県のため、東京に一度も住んだことのなかった私。

私が知っている東京と言えば、学生時代定期的に訪れていた範囲内と、社会人時代に出張で来ていた会社周辺、あとは上海で出会って先に本帰国した友人のお宅へ何度か遊びに行っていたので、その辺りぐらい。

 

いざ住むとなると、私の場合は元の会社に復職する可能性が高かったので、夫婦二人同じ場所へ勤務することになるから、第一条件としては、会社へ通いやすいこと。

具体的には、電車一本で会社まで行けて、自宅から最寄り駅までは近距離であること。

あとは、日常生活を送る上で便利な環境=近所にスーパーやドラッグストアがあって、物価が安く、いざという時(仕事で遅くなった時)お惣菜などが入手できること。

この条件でエリアを絞り、更にその中で、預かり保育のある幼稚園を探しました。(全てネット上で探し、区役所や園へ電話をしまくりました。)

 

英語好きな息子、上海では、日系幼稚園の国際クラスへ通い、アメリカ人の先生が担任という環境だったので、初めは、できればその環境を維持したいと考えていました。

でも現実的には、インターナショナルスクールは預かり保育がないし、預かり保育があるような英語教育の保育園も住みたいエリアにはないし、何よりもまず、夫婦共働きになるとしても学費が高すぎる。

英語教育のある幼稚園は見つけたものの、たかだか週一回一時間にも満たない程度だったりと、ワーキングマザーになる私にとってベストな環境と言える園はありませんでした。

なので英語は習い事として続けると決めて、あと他に譲れない条件としては、保育園ではなく幼稚園へ通わせること。

初めは、「預かり保育(延長保育)と言えば私立幼稚園でしょう」と思い、エリア内で探していたのですが、預かってもらえる時間が短い上に料金が高くて、更に夏休みなどの長期休暇は実施していなかったり、夏休みはあっても冬休みや春休みの一部はない等、保育園のように一年中預かってもらえるような園は見つかりませんでした。

そんな時、先に本帰国した友人の一人から、認定こども園へ通わせているという話を聞いたことを思い出し、私が住みたいエリアにもそういう園がないか調べたところ、いくつかの区立幼稚園が幼保一体施設となっていて、幼稚園登園時間の前後は預かり保育を実施しているとのこと!

「これだー!」と思って早速電話してみると、たまたま来年度の定員の枠がまだあるから、引っ越す前から予約をすることができて、三月末日までに区役所へ転入届を出して、園に住民票を持って行けば入園できると、ご丁寧に園長先生自ら教えてくださいました。

ちなみに、会社の場所的に、その隣の区でも比較的通いやすかったので、住むエリアとして検討していたのですが、同じような幼保一体の園があったものの、そちらの区では、既に住民票のある家庭しか入園予約をすることができませんでした。

どっちにしても、今住んでいる区の方が断然通いやすいし、幼稚園をはじめ、教育に関しての評判が良さそうだったから、結果的には良かったです。

しかも、その頃から第一候補だった今住んでいるエリアから徒歩で通える範囲内に、区立の幼保一体施設は二ヶ所あったので、家の物件見学の際に幼稚園も両方見学させていただき、結局は最初に電話をして好印象だった今通っている園に決めました。

私が調べた感じだと、東京都内の区立幼稚園は、ほとんどが四歳・五歳(年中・年長)の二年保育なので、普通に日本に住んでいるご家庭だと、三歳の一年間は幼稚園に通わないor別の園へ通わせることになるので、ある意味ハードルが高くなると思うのですが、年少までを上海の幼稚園で終えて、年中から日本の幼稚園へ通うことになったうちの息子にとっては、他のお友達と同じタイミングで入園式を迎えられたことも大きなメリットでした。

とにかく幼稚園教育を受けられて、預け保育のある園へ入れることに必死になっていたから、入園するまでは気づかなかったのですが、区立の幼稚園=先生は東京都の職員ということもあって、園長先生をはじめ、とてもしっかりされている方々ばかり。

数年前に、区の文化施設内に新築されたばかりの園だから、新しくて綺麗なのはもちろん、同じ建物内にコンサートホールや音楽スタジオがあって、楽器を吹く我が家にとっては、それもまた魅力の一つでした。

↑そのホール

先日、ここで区の教育に関する講演会があって、幼稚園の役員で、そういう講演会に参加する係になっているため行ってきました。

役員は一人一役必ず何かをするようになっているのですが、ワーキングマザーのことも考慮されていて、土日に開催されることの多い講演会拝聴の係は、まさにワーママのためのもの(笑)

もちろん私は自ら希望しました。

実は、レンタルスタジオはもう何度も利用していて、フルートの練習に活用しています♪

幼稚園と同じ建物内ということで、息子の送迎の前後に立ち寄れて本当に便利。

敷地内に園庭もあって、しかも砂場の砂は、わざわざ海辺から運んできて定期的に整備しているそう。

上海ではほとんどできなかったお外遊びを、毎日思う存分堪能している息子。

洗濯は大変ですが(笑)、毎日楽しそうに通っているその姿を見ていると、この園にして本当に良かったと思います。

 

先日、給食試食会がありました。

幼保一体施設の園なので、保育園へ通う子供達は毎日給食、幼稚園も週に二回給食が提供されます。

園の中で手作りされている給食、栄養満点で優しい味付け、中国に住んでいた私からすると、もうありがたいかぎりです。

週二回はお弁当、残り一日は食べずにお昼で降園ですが、週に二回ぐらいなら、子供のためにお弁当を作るのは、それほど手間ではないと感じています。

八月から預け保育でお世話になる予定の我が家、水曜日を含め、毎日給食にすることもできるのですが、周りの子達がお弁当の日は、私も早起きして作るつもり。

 

一番初めは英語環境を優先して園探しをしていましたが、最終的に私が園に求めたものは、息子がのびのびと外で遊べて、おいしくて安心安全な給食を食べられて、あたたかい先生方が見守ってくれつつ最低限の幼児教育をしてくださること、そして、早朝と降園後の預け保育があって、自宅から徒歩で通えること。

あとは、できれば「内容に見合う保育料」と思っていたのですが、預かり保育代を含め、区立だからびっくりするほど安くて大満足です(笑)

預け保育については、入園してから所定の就労証明書を園経由で区に提出し、認められてから利用することができるので、働くか働かないかまだ分からないという状況でも入園後に決められるという点も、私には合っていました。

ただ、延長保育は最大で18時半までなので、バリバリ残業もこなすような働き方をする場合は難しいと思います。

 

同じ園へ通うママさん達も気さくな方ばかりだし、意外にも転勤族の方も多く、息子のクラスの三分の一ぐらいは我が家と同じく、この春引っ越してこられたご家族。

中にはフランス駐在帰りのご一家もいらっしゃったり、一学期いっぱいでアメリカへ駐在されるご一家も。

息子の英語教育については、インターナショナルスクールのサタデースクール(今は水曜日だけのアフタースクール)へ通うことに決め、週に一回だけど、10時から14時までの四時間、みっちり英語漬けの時間を確保することにしました。

けっして強制的ではなく、体験レッスンを受けてみたら、本人が「楽しいからまた行きたい」と言ってくれたので決めました。

毎日英語の環境と比べたら少ないけれど、幼い頃から身につけてきた基礎力があると信じて、これから始まるワーママ生活に無理のない範囲内で続けさせていければいいかな。

自宅でも、CDを聴きながらリーディングブックを声に出して読む習慣がついているし、それらも続けていきたいと思います。

 

最終的に自宅は、駅から徒歩一分のマンションに決めて、幼稚園は徒歩でも行けるけれど、自転車で送り迎えをしています。

家賃は高めだけど、駅近物件に住むことにしたおかげで、自転車は駅付近で駐輪場を借りる必要もないし、朝は息子の登園をダンナに任せ、私はできるだけ早く出社して、夕方早めの時間にお迎えへ行くためにも、自宅から会社まで15分で行ける環境は便利だし、いろいろ時間をかけて悩んで決めてきた甲斐がありました!

以上、私の経験が、少しでも他の方のお役に立てるようにと思い、書いてみました。

外国書籍や中国語学習本が欲しい時は

上海外文書店へ。
店内の詳しい様子は、過去記事にて。

 

日曜日と昨日の二日間安静にしていたので、風邪はほとんどよくなりました。

抗アレルギー薬を飲み始めて三日目の今朝、顔のむくみもほぼなかったものの、まだ口周りが乾燥すると痒い感じ。

午前中の英会話レッスンを終えてから、大気汚染対策+保湿効果ということでマスクをして、約束していた送別ランチに参加してきました。

それはまた別記事にて。

 

帰りに少し時間があったから、久々に大好きな外文書店に寄ってみました。

四階の子供向けフロアには、クリスマスの本が集められていたり。

image

 

息子も私も大好きな「腹ペコあおむし」のERIC CARLEコーナーとか。

image

 

日本の書籍や雑誌もたくさんあります。

image

image

左上のMOREの値段を見てみたら、85元でした。

やっぱり日本の倍以上。

エレベーターに乗ろうとしたら廊下で、入荷した日本雑誌をダンボールから出す作業をしていて、ダンボールの外側をよく見てみたら、ちゃんと「Made in Japan」と表記されていて、一冊一冊ビニール袋で梱包されていたし、日本から送られてきたっぽい感じでした。

 

帰りに一階の、外国人向け中国語学習本コーナーで、今私が使っている(上海に来る三ヶ月前から使ってる=四年弱前・・・)教科書(入門編の上下巻)の次から先のも買おうと思いついたものの、

image

家に帰ってよく見たら、日本人向けではなく、同じシリーズの英語版のを買ってしまってました。。

image

中国語→日本語ですら入門編なのに、中国語→英語の基礎編以上なんて無理!(笑)

中国語↔英語の辞書を持っていなくて、そういうの欲しいなぁとは思っていた(多分使うことはないと思うけど)から、まぁその代わりということで。。

三冊で96元だし、日本では買えないものだろうから、ヨシとしよう。。

次に行ったら、日本語版の上記三冊を買うことをここに記しておいて、自分の備忘録としたいと思います。

 

息子には、ERIC CARLEの動物に関する絵本の五冊セット(130元)を。

image

あまり内容を気にせず買ったけど、息子の好きな動物がたくさん出てくるし、カラフルなイラストをとても気に入ってました。

image

過去にも他の絵本セットを買っていて、やっぱりERIC CARLEの絵本が好き。

 

あとは、Berlitzのドリル(一冊45元)を見つけました。

image

 

中はこんな感じで、息子が好きそうだと思ったけれど、ぶっちゃけちょっと簡単すぎたかも。

image

image

 

今日、たまたま幼稚園でやっているMathブックを持ち帰ってきて、見てみたら、今やっているのはこんな内容。

image

今日買ってきたのより難しい。。

でも喜んでやってました。

買ってきたNUMBERSのドリルは4-6歳が対象で、息子は今四歳半。

日系幼稚園の英語クラスへ通っている息子、先生からのメッセージにも「He is doing a lovely job」と書かれていました(笑)

完全に文系だった私にしてみれば信じられないけれど、完全に理系なダンナに似たのかな・・・?

と言っても、クラス内ではこのぐらいが普通みたいだし、何よりも息子が好きって思えるものがあるってだけで、私は十分嬉しいな。

最近興味を示して、気が向いた時だけ「バイエル」を一緒に弾いてるピアノも好きになってくれたらなぁ・・・と欲張ってしまう私だけど(笑)

 

上海外文書店

黄浦区福州路390号

021-2320-4888

地下鉄二・十号線「南京東路」駅から徒歩10分

外灘からも、歩こうと思えば歩けます。

ついでにここでお食事するのがおすすめ!

 

この情報が役に立ったと思われた方は、「にほんブログ村 上海情報」のバナー↓を一日一回クリックして、私のブログのランクアップを応援してくださると嬉しいです☆