小湊鉄道と菜の花と・・・

今週末は、不要不急の外出自粛中の東京ですが、先週日曜日、小湊鉄道×菜の花を見に少しだけドライブへ。

道の駅「木更津うまくたの里」内の「のうえんカフェレストラン &TREE」にてランチ。

 

食後は、ダンナが調べた菜の花絶景ポイントへ。

 

その後、上野中野駅へ移動して、いすみ鉄道も眺めました(笑)

幼い頃から電車好きな息子は大喜び。

 

木更津のアウトレットで少し買い物をして、東京湾アクアラインの渋滞に巻き込まれつつ帰京。

自宅近くの山手線の駅周辺を通ったら、夜桜が綺麗でした☆

今月はじめから続く休校や外出自粛。

ありがたいことに、私が勤める会社は在宅勤務が認められているので、今月は週一回出社、残り4日は在宅勤務(0.5~1日は有休取得)というペースで、特に困ることなく通常業務を遂行しています。

息子はと言うと、2月から塾に通い始めたので、私が仕事をしている間(今月末までは育児短時間勤務中だから基本9時~15時45分)は主に塾の宿題をしています。

塾も一時休講となり、別日にテキストをもらいに行き、自宅で授業の動画配信を見つつ問題をこなす期間もありましたが、塾での学習内容は、どの教科も学校ではまだ習っていない単元で楽しいらしく、膨大な量の宿題も、息子自ら計画的にこなしていて、二人で家にいても、それぞれ黙々と集中しています(笑)

 

前代未聞の状況が続いていますが、不満を抱くのではなく、家の中では普通に過ごせることに感謝しつつ、今この状況だからこその生活を、少しでも前向きに過ごすことができたらと思っています。

こんなことがなければ、息子とこんなにたくさんの時間を過ごすことはできなかったし、4/1から3年ぶりにフルタイム勤務に戻る私としては、長い人生の中の、束の間の「夏休み」のように感じています。(もちろん普通に仕事はこなしているけれど)

私の人生での前回の「夏休み」は、2010年4月の産休から始まり、ダンナの駐在に帯同していた2015年までの上海在住時代。

本帰国後に復職し、それからの5年間、ワーキングマザーとして駆け抜けてきました。

特に最初の2年間、息子の幼稚園時代はフルタイムだったし、更に2年目からの3年間はダンナが単身赴任になり、平日ワンオペ生活だった時もありました。

今はまだ週2回だけど塾に通い始め、平日夜に息子がいない時間帯ができ、これからは一緒に過ごす時間が少なくなっていくと寂しく思っていたから、思いがけず訪れた「人生の夏休み」が、なんだか愛おしく感じます。

 

また、この一ヶ月で、これまでの価値観が大きく変わった、と言うより、ここ5年ほどで形成されてきた価値観に更に拍車がかかり、自分の中でより強く実感するようになりました。

モノよりも、経験に投資すること。

お金は、自分や家族の願いを叶えるための道具であり、持っているだけではただの紙切れであること。

自分が人生で一番手に入れたいものは何?

幸せを感じる瞬間とは?

この地球上に生まれ、健康な体で生きていられることの奇跡。

守りたい人がいて、雨風を凌げる住まいがあり、水・食物・電気・ガスがあり、好きなことができて、普通に経済が回っていた日常は、実はあたりまえではなく、小さな奇跡の積み重ねであること。

他人の言論や流れてくる情報に振り回される人生ではなく、自分の内面を見つめ続ける生き方をしたい。

カテゴリー:

川浦温泉山県館

学校が休校になる直前の先週末、前から予約していた「ふっこう割」第三弾、山梨県の源泉100%かけ流しの宿へ行ってきました。

昼食は、ホテル近くのほうとう屋さんにて。

 

「源泉掛け流し」で検索し、都内から車で2時間程度で行けるから選んだ宿、お部屋も広くて生花が活けてあり、とても寛げました。

写真はないけれど、館内には、2種類の源泉に浸かることができる露天風呂・内湯・家族風呂などが点在し、泉質はもちろん最高でした!

 

どれも美味で大満足だった夕食の一部たち↓

 

息子用も豪華!

 

朝食では温泉粥もいただけました。

チェックアウト後、山梨と言えばの「小作」のほうとうを堪能して、お昼すぎには都内自宅に戻ってきました。

 

年明けから、ふっこう割を利用して三度の旅を楽しませていただいた中で、通常では高額となる素敵な温泉旅館に宿泊することもできて、とても良い経験となりました。

もちろん料金の差はあるけれど、やっぱり一番好みなのは、源泉掛け流しの宿で、ブッフェではなくコース料理をいただくこと。

人生の中で大切にしたいと思える価値観を知る、良い機会となりました。

カテゴリー:

みやぎ蔵王

ふっこう割を利用して二泊三日で、宮城県蔵王町のアクティブリゾーツ 宮城蔵王に滞在した旅の続きです。

二泊とも朝夕共にブッフェで、宮城名物から定番料理まで堪能しました。

夕食時、スペシャル一品料理が一人一皿ついていて、一泊目は気仙沼のフカヒレで、上海在住時からフカヒレ大好きだった息子が大喜び!

 

翌日は、ホテル近くの「みやぎ蔵王えぼしリゾート」へ行き、ダンナ&息子はスノーボードを堪能。

 

滞在三日目は、この旅の目的、樹氷を見るために「すみかわスノーパーク」へ。

ホテルから車で20分ほど走っただけなのに、前日まで吹雪だったこともあり、一面の銀世界!

 

ダンナが予約をした雪上車↓に乗り、2時間かけて「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」へ。

 

私達夫婦だけでなく、息子も初めて見る樹氷に大興奮!

雪上車にはガイドさんも同行していて、樹氷ができる仕組みについても学ぶことができ、とてもいい経験となりました。

 

樹氷を堪能した後は、「森の芽ぶきたまご舎」の蔵王本店レストランにて卵料理ランチを。

 

ふっこう割第二弾も、大満足な旅となりました♪

カテゴリー:

山形&仙台の旅

前の記事に書いた通り、先週末は、さくらんぼ狩りをしたくて山形&仙台へ行ってきました。

当日朝にダンナが、山形駅前のリッチモンドホテルを予約し、朝9時半頃、東京の自宅を出発。

首都高から、あえて常磐道を通って(海沿いを通ってみたかった)仙台入りし、そのまま山形市へ向かってチェックインしたのが16時半頃。

翌日のサクランボ狩りを電話予約して、ダンナが調べた、山形牛・米沢牛が食べられる焼き肉屋さん「くろげ」へ。

もう、言うまでもなく、おいしすぎました!

冷麺は透明で、蕎麦の実のような粒粒が入っている、今まで出会ったことのない麺で、息子がとっても気に入ってました。

夕食後は、山形駅前やホテルすぐ近くのスーパーで、お酒やお土産を買い、ホテルに戻ってゆっくり過ごしました。

 

翌日は9時に、予約した「今野観光果樹園」さんへ。

ビニールハウスに覆われているから雨でも大丈夫とのことでしたが、天気予報は曇にもかかわらず、見事な快晴!

10種類ものさくらんぼの木があり、もちろん佐藤錦もたくさん。

さくらんぼ狩りは山梨で2回したことがありましたが、やっぱり山形の方が甘味が強くて美味しい気がしました♪

 

急遽訪れた山形でしたが、仙台に住んでいる上海時代のお友達ご家族に連絡したら、仙台でランチをお供してくださるとのことで、お昼過ぎに仙台へ向かうことに決定!

その前にダンナの強い希望で(笑)、蔵王温泉へ行ってみることに。

浜松在住時代によく訪れていた野沢温泉を思い出させるような共同浴場、白い濁り湯で硫黄の香りが立ち昇り、とってもいいお湯でした。

外には、蔵王山を眺めながら浸かれる足湯も。

 

その後、仙台へ向かい、お友達ご家族と無事再会。

「旨味太助」というおすすめのお店で一緒に牛タンランチを楽しみました。(なんと写真撮り忘れ。)

食後は喫茶店へ移動してお茶し、思い出話から次回の再会プランまで語り尽くし、最後に仙台土産を購入して、16時頃仙台を出発し、今度は東北道で帰京。

途中、佐野SAで夕食を食べたのですが、ダンナ実家周辺に、行きつけの佐野ラーメン屋さんがある我が家にとっては、正直なところ、これは佐野ラーメンには程遠かったような・・・

今回は長距離だったので、私も途中、少しだけ運転を交代しつつ、なんとか21時頃に東京の自宅へ帰着。

思いつき一泊二日、山形・仙台の旅、大満喫となりました☆

沖縄土産

沖縄離島の旅をひと通り書き終えたので、最後に購入品たちをご紹介♪

一番左から、座間味島産の山桃酒、その隣が沖縄産のマンゴー酒、その右側の小さい瓶は、国際通りで出会った「美南島ジャム」の沖縄県産手作り無添加マンゴージャム、試食したら感動的な美味しさで、大人買いしました(笑)

ジャムの下は、昨年夏からのお気に入り「ロイズ石垣島」の「おつまみチョコ」、その右側と下の「ちんすこうショコラ」も同じく我が家の定番で、今の季節限定はストロベリーでした。

その他、久米島産のラー油やちんすこう、写真には写っていないけれど、久米仙の泡盛も3本買ってきました。

 

「おつまみチョコ」の中身はこんな感じで、こんなにいろいろ入っていて500円!

 

これ↓は、

座間味島のスーパーへバーベキューの食材を買いに行った時、わざわざ店員さんにこれが置いてある場所を聞いてまで買おうとしている方がいて、「有名なんですか?」と話しかけてみたら、激しくおすすめされたから買ってみました(笑)

他にも、マンゴー味の沖縄限定の飴や、息子お気に入りの「グミんちゅ」も大人買いしたし、先日記事にしたパッションフルーツはじめ、沖縄土産に囲まれて幸せな我が家です☆