【沖縄旅四日目】西表島→石垣島

由布島観光を終えた後は、西表島内でランチできるお店を探し、ラフテー丼定食をいただきました。

その後、島内のスーパーマーケット2店を覗き、まだ時間があったので、ニラカナイの対岸にある展望台へ。

ここへ向かう途中、前日のシーカヤックツアーで一緒だったおじ様が泊まっていた民宿を通ったのですが、前日におじ様を送った際、民宿の前で無人売店で売っているピーチパインが安くておすすめと聞いて見てみたら、この季節にしか採れないキーツマンゴーが1個1500円前後で売られていて、それまでに見てきた市場やスーパーより断然安かったから迷わず2個購入!↓

一つは昨日、食べごろを迎えたので、息子が自由研究の最後の仕上げをしていた合間に、おやつとしていただきました。

もう最高においしくて、2つと言わず、もっと買ってくれば良かったと後悔。。

こうして旅先で買ってきたものを、旅を終えてから自宅で楽しむのも、旅の醍醐味。

 

話が逸れましたが、展望台からレンタカー屋さんへ向かい、無事予定していたフェリーに乗って、石垣島へと向かったのでした。

カテゴリー:

【沖縄旅四日目】由布島

二泊三日の西表島滞在最終日で、事前予約した15時半のフェリーで石垣島へ戻る予定だったこの日は朝から雨。

天気が良ければ、ペンション前の星砂ビーチで泳ぐつもりでいましたが、けっこうな大雨だったから困っていることを、朝食時に女将さんに話したら、「レンタカー借りて島内散策&由布島行ってくれば!?」と、想像もしていなかったプランをご提案くださいました!

そもそも西表島のレンタカーは、旅行に来る一ヶ月以上前からネット上で探していたけれど、繁忙期だからか一台も空車を見つけることができず、西表島でレンタカーを借りること自体を諦めていたダンナ。

女将さんは、「〇〇レンタカーなら空きがあるかも!」と、ご近所のレンタカー屋さんの連絡先を教えてくれて、そこへ電話をしたら空きなしとのこと。

「じゃあダメ元で、やまねこレンタカーさん」をと教えててくれて、なんとこちらはたまたまキャンセルが出たとかで、1台だけ空きがあるとのこと!

すかさずお願いし、45分後にはお迎えに来てくださるという素早さ。

最後の最後までお世話になったペンション「コーラルガーデン」さんをチェックアウトし、無事レンタカーをゲットし、約半日の西表島観光をするチャンスに恵まれました☆

早速、由布島水牛車乗り場まで行き、亜熱帯植物楽園の入場料込みの水牛車チケットを購入して、いざ水牛車に乗車?

私達が沖縄滞在していた時期は、高潮状態が続いていたため、前日のシーカヤックに乗り込む時も、白浜港が水没したというお話を聞いていて、ここ由布島もやはり潮位が高く、普段は水牛車の足元まで海の水が入ることはないそうなのに、この日は牛さんが歩き始めてすぐに海水が入り始め、一番深い所では座席のすぐ下ぐらいまで水がきました。

牛さんと同じ海水に浸かるのはちょっと・・・と思ったけれど、お顔しか出ないような状態でも前へ進み続ける牛さんの雄姿を見て、水牛のすごさを実感することができました。

海を渡りながら、おじいが弾き歌いしてくれる三線の音色が、これまた趣あって素敵☆

由布島上陸後は、亜熱帯植物園の中を散策。

海の向こう側に、小浜島が見えました。

ものすごく大きなヤドカリさん↓

西表島へ戻るお昼頃には、だいぶ潮が引いていました。

すれ違った、お客さんが誰も乗っていない水牛車でも、弾き歌いしていた姿が印象的。

急遽訪れた由布島、歴史を学ぶこともできて、有意義な時間を過ごすことができました。

カテゴリー:

【沖縄旅三日目】島イタリアンen@西表島

シーカヤックのツアーからペンションへ戻ってから、ダンナと息子はそのままプールへ。

私はシャワーを浴びて、この日も夕焼けを見ながら洗濯をして、夕食は、シーカヤックのガイドさんがおすすめしてくれた、星砂海岸近くのイタリアン「エン」へ。

ここもまた噂通り美味しくて、魚介も新鮮で大満足でした☆

ほぼ半日シーカヤックを漕ぎ続けたから、お箸を持つ手が震えるほどで、ペンションへ戻ってからは、あっという間に三人とも心地良く眠りについたのでした。

カテゴリー:

【沖縄旅三日目】シーカヤックでイダの浜@西表島

西表島滞在二日目は、ダンナと息子が強く希望していたシーカヤックツアーへ。

私はそれほど乗り気でもなかったけれど、西表島へ行くなら絶対訪れたいと思っていた、船でしか行くことのできない(調べてみたら陸路でも行けそうだけど難関)ビーチ「イダの浜」にも上陸できる「グッドアウトドア」さんのツアーをダンナが見つけたので、事前に予約しておいたのでした。

ペンションまでお迎えに来てくださり、私達と一緒にのツアーに参加される常連のおじ様がお泊まりの宿にも立ち寄り、白浜港から、生まれて初めてのシーカヤックに乗って、いざ出発!

出発前に簡単なレクチャーを受けただけだったから、最初は三人乗りのボートのバランスをとれなくて怖かったし、うまく漕げなくてなかなか進まず、先行き不安だったけれど、徐々に慣れていきました。

どのくらいの距離を自分達で漕ぐのか、あまり把握しないまま参加したのですが、翌日、上原港にあった西表島の模型↓を見て、けっこうな距離だったことが判明。

でも逆に、行く前から把握していたら、あまりの距離に心折れてしまいそうだから、把握できていなくて良かったと思いました(笑)

「仲良川」の辺りから出発して「船浮湾」へ向かって陸と陸の間↓を通り、

(滝へ向かう途中、海から川へ入っていく辺り↓)

マングローブの森を進み、

「舟浮水源地」辺りの滝↓に突き当たり、

引き返して「舟浮」地区を左に見ながら曲がり、

(この辺りの水の色が一番綺麗でした☆)

憧れのイダの浜↓へ。

(残念ながら曇り気味だったので、写真で見たような美しい海の色ではなかったけれど。)

イダの浜で2時間ぐらいシュノーケリング&昼食休憩をして、

「仲良川」辺りへ戻るというルートでした。

私はイダの浜で潜らなかったけれど、シュノーケリングした息子とダンナが撮った魚達↓

ヤドカリちゃんもいました。↓

シーカヤックを漕いでいた時にガイドさんが発見したウミガメさんを、ダンナが激写↓

ダンナが「期待していたほどお魚がいなかった」とガイドさんに話したら、イダの浜から白浜港へ戻る途中、お魚がいそうなポイントで潜らせてくださることに!

同じツアーに参加されていたおじ様が、シーカヤックのベテランさんだけど、海で泳ぐことには興味がなさそうで、私達がシュノーケリングしている間、カヤックの上で待っていてくださったのもありがたく、たまたまその方とご一緒だったから叶ったように思います。

潜ったポイントは水深5mほどの場所で、カメラにお魚達は写っていないけれど、深い海底で泳いでいる魚を見ることができました♪

イダの浜へ向かう途中も雨が降ってきたけれど、ここから白浜港へ戻る頃には雷雨となり、心が折れそうでしたが、そんな中、意外にも?息子がずっと楽しんでいたことに救われ、最後まで家族三人で漕ぎ続け、無事港へ戻ることができ、久々に大きな達成感を味わえました!

おまけ↓勝手に撮れていた私の手元。

カテゴリー:

【沖縄旅二日目】星降る夜@西表島

星砂ビーチでのシュノーケリング後、チェックイン時にコーラルガーデンの女将さんがおすすめしてくださった「巴里のごはんや」を予約し、行ってきました。

大人気な理由は、お料理をいただいて納得。

何を食べても美味でした♪

食後、シェフの方がペンションまで送ってくださったのですが、運転中に、「今夜は星が綺麗に見えますよ」とおっしゃっるので、空を見上げたら満天の星。

ペンション到着後、車から降りて見上げた時、「白く雲っているように見える所が天の川なんですよ」と。

私、生まれて初めて天の川を見たから大感激!

そのままペンションのお庭へ行って見上げると、今までプラネタリウムでしか見たことのなかったような、夜空一面の星。

星ほど撮影するのが難しいものはないですよね。。

この写真では到底伝えきれませんが、星空保護区に認定されているだけあって、本当にこの画像(安栄観光のページ)のような星空を見ることができました☆

 

翌日、ダンナがデジカメで撮った画像で、軌跡写真を作成してくれ、息子大喜び。

一枚一枚は、こういう写真↓で、それを組み合わせて編集すると、

図鑑などで目にするこんな画像に↓

この日の西表島の夜を一言で表すと、「星降る夜」。

息子は生まれて初めて流れ星を見ることができて、それもまた感動でした。

翌日また見られると思っていたのですが、残念ながら曇っていて、星は全く見えず。。

星空こそ、まさに今この瞬間の奇跡。

一夜でも見られたことに感謝して、またいつか、満天の星空を見に行きたいと思います。

カテゴリー: